営業マネージャーには辛い時代が到来?成果主義・働き方改革・ハラスメント、、、、

営業マネージャーには辛い時代が到来?成果主義・働き方改革・ハラスメント、、、、

 

こんにちは!タロスケです。

今回は「営業マネージャーには辛い時代が到来?成果主義・働き方改革・ハラスメント・・」といったテーマです。

 

MRさんの次のキャリアとして営業マネージャーを希望される人が多いです。

しかしながら、なんで営業マネージャーになりたいのでしょうか?

 

  • チーム全体の成果主義を追求される
  • 個人では成果を出すことができたが、人に成果を出してもらわなきゃいけない
  • 働き方改革の影響で「朝から晩まで働け」とは指導できない
  • 適切な指導の仕方を求められる「ハラスメント問題」

 

MRさんもサバイバルの時代を迎えておりますが、以前より働きやすい職場になっていることは間違いないです。

働きやすい職場作りを作っているのはマネージャーです。

中間管理職は、上からのキツイ追求を、そのまま下に直撃することはできないわけです。

 

営業マネージャーの成果主義

 

営業マネージャーの成果主義

 

営業マネージャーの成果主義も大変です。

 

●計画目標達成

MRさんは個人個人の計画達成を追われておりますが、営業マネージャーはより大きな計画を追求されております。

MRさん1人1人の実績が目標と乖離してしまうと、マネージャーの乖離はもっと大きくなります。

 

MR時代に個人では計画を達成し続けたマネージャーも、今度は人にやってもらうことが仕事です。

自分のやり方が正しいと思っていても、強要してもMRさんはやってくれません。

 

●MR同行

 

得意先との同行で、MRさんに見本を見せなければいけません。

販売情報提供ガイドラインにより限られた内容で宣伝をしなければいけないのです。

お酒の力で売り上げを上げてきた人にとっては、厳しい時代になってきました。

 

●説明会

 

説明会によりプレゼンテーションです。

営業マネージャーのプレゼンテーション能力もすごく大切な時代です。

スキルや練習方法に自信がない場合は、勉強をする必要があります。

営業マネージャーになるためには、メンバーを鼓舞するプレゼンテーションスキルが求められます。

 

 

学ぶことがいっぱい

 

MRさんにアクションとモチベーションをいかに最大化させていくのか、これがマネージャーの腕の見せ所です。

まずはMRさんに合わせた動機づけ、モチベーション理論ですね。

そして実行内容はトップダウンではなく、メンバー全体で決めて全員で意思決定していく組織論の活用です。

 

そしてチーム全員を鼓舞して、やって行こうぜ!とするリーダーシップです。

 

営業マネージャーは毎日のように学ぶことがいっぱいなんです。

 

働き方改革の影響

 

働き方改革の影響

 

働き方改革の影響です。

働き方改革ってそもそもなんでしょう。

 

「働き方改革」とはは、働く人々が、個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を、 自分で「選択」できるようにするための改革です。

 

働き方改革が必要になった背景です。

  • 日本が直面する「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」、「働く方々のニーズの多様化」などの課題に対応するためには、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の 拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境をつくることが必要です。(厚生労働ホームページ)

 

個人の様々な事情を考慮して、多様な働き方を実現することが求められております。

  • 働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現することで、成長と分配の好循環を構築し、働く人一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指します。(厚生労働ホームページ)

 

見直されているポイントはご存知ですか?
  • 労働時間法制の見直し
  • 雇用形態に関わらない公正な待遇の確保

 

特に営業マネージャーが知っておくべきポイントは「労働時間法制の見直し」です。

 

労働時間法制の見直し

 

ポイントは、働き過ぎを防ぐことで、働く方々の健康を守り、 多様な「ワーク・ライフ・バランス」を実現できるようにすることです。

 

  • 個々の事情にあった多様なワーク・ライフ・バランスの実現を目ざす。
  • 年次有給休暇を取得しやすくする。
  • 長時間労働をなくす

 

特にMRさんでも知っておくべき内容は

  • 残業に関して厳しくチェックされている
  • 年次有給休暇は最低でも年に5日間取得しなければいけない
  • フレックスタイム制により働きやすく
  • 子育て、介護でも働きやすく

 

このため、営業マネージャーもMRさんの働き方もよりよくなるよう考慮されております。

営業マネージャーがMRだった頃、朝から晩まで働いて成果を上げていたかもしれません。

しかしながら、現代ではそのやり方を強要することができません。

 

より働きやすい環境作りが求められているのです。

 

ハラスメント問題

 

パワハラ・セクハラです。

親しき仲にも礼儀ありです。近しい関係だと思っていても、相手がどう思っているのかはわかりません。

だからこそ、相手にどう思われていようと大丈夫な心がけが必要です。

 

未だに飲み会の席で酔った勢いで下ネタを連発する支店長などいます。

本当にビックリですね。

 

セクハラ

セクハラって男性から女性だけの問題ではないのです。女性から男性もあります。同性同士もあります。

基本的には、「相手が不快だと感じる言動や行動は避ける」ってことです。

これが基本中の基本です。

 

事例はたくさんありますので、ネットで検索する方が良いです。

基本的なことは相手の容姿や性格にフォーカスしちゃダメですね。

 

 

パワハラ

パワハラも上司と部下だけの問題ではないことが注意です。

身体的な攻撃をしたらアウトですね。

書類とか物を投げてもダメです。

 

精神的な攻撃もだけです。

バカ・アホとかね、こんなこともできないのか!って言葉。

これもダメです。

 

怒りをコントロールするスキルが重要です。

 

まとめ

 

MRさんの次のキャリアとして、営業マネージャーを希望される方は多いです。

営業マネージャーとして求められるスキルは、MRさんが個人個人で営業計画を達成してきたスキルとは別になります。

 

みなさんが現場で取り組んできた経験は、MRさんに舐められないためにも必要です。

最近若手のマネージャーも増えてきておりますが、心の中ではかなり舐められております。

若手マネージャーの話も、右から左に流されていることも多いでしょう。

 

しかしながら、皆さんが潜ってきた修羅場の経験だけではマネージャーとして不足しているんです。

 

営業マネージャーの抱える課題は下記の通りです。

  • チーム全体の成果主義を追求される
  • 個人では成果を出すことができたが、人に成果を出してもらわなきゃいけない
  • 働き方改革の影響で「朝から晩まで働け」とは指導できない
  • 適切な指導の仕方を求められる「ハラスメント問題」

 

これらに適切に対処するために、日々学んでいくことが重要ではないでしょうか?

 

 

TED驚異のプレゼン 人を惹きつけ、心を動かす9つの法則 / 原タイトル:TALK LIKE TED[本/雑誌] / カーマイン・ガロ/著 土方奈美/訳

 

最新情報をチェックしよう!