【コロナウイルスの影響】4月、MRさんがすべきこと

【コロナウイルスの影響】4月、MRさんがすべきこと

 

 

MR
コロナウイルスによる活動自粛は2020年2月の中旬から始まったような、、、

 

 

MR
活動自粛は2月末まで、3月中旬まで延期、3月までさらに延期、そして4月、、、

 

 

MR
4月は、2月、3月以上に緊迫した状況、国難を迎えそうな状況に、、、

 

 

MR
MRさんは4月はどのような活動をすれば良いでしょう、、?
2020年4月、、、歴史に残るような国難を迎えようとしております。
今月MRさんはどんな活動になるのでしょうか?
  1. 新型コロナウイルスの感染拡大状況
  2. 3月のMR活動の振り返り
  3. 4月のMR活動の予想

 

本日の記事の前にまずは簡単な自己紹介。

 

 

いまは国内医薬品メーカーのマネージャーです。これまでの仕事のほとんどがMRです。

こちらがMRとしての担当経験。幅広い担当製品。多くの診療科を訪問しました。

●開業医・市中病院担当:3年
●地方の大学病院:5年
●東京の日本有数の私立大学病院 :4年
●東京の日本有数の国立大学病院:3年
私が記事を書いて発信している、「MRセンスがなくて悩んでいる方」に少しでも前向きになってもらいたいからです。
その理由は、MR時代の私です。
MR
営業トークが上手い人が羨ましい。。。自分は喋りが下手だし、、、
MR
盛り上げ上手や一芸もないし。。。。
MR
売れないからモチベーションが上がらない、、、、
新入社員の頃は、こんな悩みを抱えておりました。
しかしながら、そんな自分でも新入社員の頃の2年間以外10年連続で計画を達成しました。
海外旅行のインセンティブは3回。ちょっとしたインセンティブは数え切れないくらいです。
毎日、コツコツと正しいやり方で努力を継続して行けば、絶対に成果をあげることができるというのが私の考えです。
MRという職業は今後どんどん減少していくことは間違いないです。
しかしながら、半数や1/4になることはあっても、ゼロになることはないです。
MRという職業にもがいていても、生き残ることができるMRさんになって欲しいです。
そのためMRさん向けに、様々な情報をできるだけ毎日発信していきたいと思います。
本日の記事のテーマは「4月のMR活動はどうするの?」です。

新型コロナウイルスの感染状況

MRの皆さん、新型コロナウイルスの感染者数の推移ってご存知ですか?

引用:NHK コロナウイルス特設サイトより引用

4月4日の日本のコロナウイルスの感染者数は、1日で369人となりました。

その前の3月最終週は約100人前後でしたし、3月第3週は約50人程度でした。

 

ここで各メーカーが活動自粛を始めた頃を思い出してみてください。

2月下旬から、各メーカーが講演会の中止・延期の案内を開始しました。

この頃の日本全体の1日の感染者数は10人前後でした。

日本全体の1日の感染者数が10人程度でも、これ以上の感染拡大はまずいということで活動自粛が始まったわけです。

今は、1日の感染者数が300人を超えてしまいました。

 

東京の感染者数が急増しているんです。

  • 3/22:2人
  • 3/23:16人
  • 3/24:17人
  • 3/25:41人
  • 3/26:47人
  • 3/27:40人
  • 3/28:63人
  • 3/29:68人
  • 3/30:13人
  • 3/31:78人
  • 4/1:66人
  • 4/2:97人
  • 4/3:89人
  • 4/4:118人
  • 4/5:143人

東京とのホームページに細かく記載されております。これは細かくチェックすべきです。https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp

このペースで行くと、4/12頃は約300人、4/17頃は約600人、4/22頃は約1200人と、

毎日1000人ずつのペースでコロナウイルス陽性者が増えていきます。

東京都で800人が入院しており、現在も約20人の方が重症であり治療中であります。

 

3月のMR活動の振り返り

 

 

つまり、MRさんが活動自粛をし始めた2月下旬の頃と比較して事態はかなり悪化をしております。

2月や3月はアポイント面会は継続している方は多かったようです。

 

ミクスなどの記事によりますと、

  •  3月はMRの訪問はほぼ半減
  •  3月はMRからのメールが倍増
  •  医師の中で訪問がなくて困っている割合は約2-3割

 

つまりはMRの訪問はメールに転換していき、それで7割の医師は困っていない、という結果になりました。

 

4月のMR活動は

 

 

4月のMR活動はどうなるのでしょう?

 

実は学会情報をチェックしますと、3WEBで開催すると決定していた内科学会総会でさえ、8月7日に延期が決まりました。

つまりは、全ての医療機関、4月は学会どころではない、という状況にシフトしたわけです。

医療機関は、新型コロナウイルスと闘う準備に入ります。

コロナウイルスと戦いながら、通常通りの診療をするわけです。

 

だから、MRさんがすべきことは「自宅待機」です。

 

ポイント:「MRさんの外出事態が命の危険」

 

特に頭の悪い管理職は「うちの地域はまだ感染者数が少ないから、少しぐらい大丈夫」って話をするでしょう。

海外の主要都市や東京が感染爆発したのは、無症状感染者から拡大しているからでしょう?

 

だから、4月は在宅ワークに切り替えて「ONE JAPAN」で国難を乗り切ることが大切です。

 

・必要な情報をメールでご案内をする

・WEBコンテンツのご案内を通じて、必要な情報だけは届ける

・必要のないプロモーションメールは迷惑

 

自宅にいながら、在宅でできることは少しずつコツコツと取り組むことが一番ではないでしょうか?

知識のインプット、アウトプットの練習などできることは沢山あります。

 

まとめ

 

4月は新型コロナウイルスの重大局面です。

いち早く終息させるためには、国民1人1人の行動を見直す必要があるわけです。

冒頭でも申し上げましたが、みなさんの思いはこんな感じですよね?

 

 

MR
コロナウイルスによる活動自粛は2020年2月の中旬から始まったような、、、

 

 

MR
活動自粛は2月末まで、3月中旬まで延期、3月までさらに延期、そして4月、、、

 

 

MR
4月は、2月、3月以上に緊迫した状況、国難を迎えそうな状況に、、、

 

 

MR
MRさんは4月はどのような活動をすれば良いでしょう、、?
2020年4月、、、歴史に残るような国難になる可能性あります。
  1. 新型コロナウイルスの感染拡大状況
  2. 3月のMR活動の振り返り
  3. 4月のMR活動の予想

 

だから4月は有給など取っても良いと思います。

徹底的に4月は在宅ワークに切り替えて「ONE JAPAN」で国難を乗り切ることが大切です。

 

・必要な情報をメールでご案内をする

・WEBコンテンツのご案内を通じて、必要な情報だけは届ける

・必要のないプロモーションメールは迷惑

・有給を取りましょう!

最新情報をチェックしよう!