期待を超えるMR、期待を超えるマネージャー

期待を超えるMR、期待を超えるマネージャー

 

 

MR

デキるMR、デキるマネージャーってどんな人?

 

 

MR
デキる人って、いつも名前を聞くから同じ人だよね?

 

 

MR
なんで毎年成績が良いんだろう、、、?
デキるMR、デキるマネージャーって、継続的に成果を出し続けているんです。
今回デキるMR、デキるマネージャーの要素ってなんだろう?って考え、色々学びました。
・自分自身の経験に当てはまること
・デキるMR、デキるマネージャーから感じること
・教科書的な要素
デキるMR、デキるマネージャーに必要な要素
今回の記事をご紹介する前に、まずはちょっとした自己紹介。

 

 

いまは国内医薬品メーカーのマネージャーです。これまでの仕事のほとんどがMRです。

こちらがMRとしての担当経験。幅広い担当製品。多くの診療科を訪問しました。

●開業医・市中病院担当:3年
●地方の大学病院:5年
●東京の日本有数の私立大学病院 :4年
●東京の日本有数の国立大学病院:3年
私がこまめに記事を書いて発信している、「営業センスがなくて悩んでいるMRさん」に少しでも前向きになってもらいたいからです。
その理由は、僕も新入社員の頃、すごーく悩んでいたからです。
MR
インセンティブなんて自分とは縁がないな、、、
MR
デキるMRって自分とは程遠い、、、
MR
インセンティブとか取って見たい、、、
新入社員の頃、いつもいつもこんなことを思っておりました。
新入社員の2年間はひたすら働きながらもがき苦しんでおりました。
自分のセンスのなさにガッカリして、いきなり成果を出していく同期と比べて自分が情けなくて、車の中で涙を流す日も。。。
しかしながら、そんな自分でもMR3年目から10年目まで全て計画達成することができました。
海外研修のインセンティブは3回。小さなインセンティブは数えきれないくらいゲットしました。
僕が悩んでいるMRさんに伝えたいことは、
毎日、コツコツと正しいやり方で努力を継続して行けば、絶対に成果をあげることができるというのが私の考えです。
そのためMRさん向けに、様々な情報をできるだけ毎日発信していきたいと思います。
本日は「期待を超えるMR」「期待を超えるマネージャー」についてです。

デキる人は、「期待を超える」

デキるMR、デキるマネージャーは、どんなとことが違うのでしょうか?
それは、「期待を超えること」をいつもイメージしているんです。
期待通りの成果をイメージしていると、結果は「期待通り」以下になります。
デキるMRは、期待以上の成果をあげよう、こんなイメージからスタートしております。
デキるMRは、こんなことを考えているんです。
「普通の人はここ止まり。優秀なMRは、これぐらいやるだろう。だから自分は、もっとその上にチャレンジしよう!」
デキるMRは、期待以上の成果を大きく上回ろうって思うところからスタートしているんです。
では期待以上の成果をイメージして、どのように行動に移して、それを維持していくのでしょうか?

期待以上の成果を出し続けるために必要なことは「想い」

僕自身、成果を出していくために必要なものは3つの力です。
  1. 成果を上げるためのスキル
  2. 仕事に対する想い
  3. 困難を乗り越えていく力

 

僕自身、期待以上の成果を出し続けるためには、「想い」って重要だと思います。

「想い」は、モチベーションを維持していく、ハイスピードで走り続ける「ガソリン」のようなものです。

 

だからこそ

「自分はこのために働いている!」

「どんな困難も乗り越えてやる!」

こんな想いを持ち続けることが「期待以上の成果」を出し続けるためには必要なんです。

 

では例えばどんな「想い」を考えることからスタートをすれば良いでしょう?

 

仕事の何が好き?かを考える。

 

 

まずは、仕事の何が好き?なのかを整理して考えて見ましょう。

 

営業が好きならば、営業が好き、ってことです。

人事の仕事が好きなら、人事の仕事が好きってこと。

 

ただ、デキないMRさん、って「営業が好き」って思えるところまで中々行き着いていないですよね?

 

MRの仕事の中で「好き」な部分ってありませんか?

こんな活動をしている時が楽しいってことです。

 

学術的な情報提供をしていることが楽しい。

説明会・プレゼンテーションをすることが楽しい。

ディテールをすることが楽しい。

 

「これが楽しい」ってことに自分で気づいて、

「この楽しさを求めてやりたい!」

この「想い」を持ち続けていくことが第一です。

 

 

どのように仕事をしたいのか?

 

 

「私は、こんな風に仕事をしたい!」という思いを持っております。

 

得意先を分析して攻略していくプロセスを考えることに特化していきたいんだ!

様々なアプローチや話法を考えて、引き出しを増やしていくことに特化したんだ!

こんなことをどんどん増やして行きたい!

 

こんな風に仕事をしていきたいんだ!っていう思いを持つことが重要です。

だからモチベーションを維持していくことができるんです。

 

この会社が好き

 

 

 

自分が働いている会社を心底好きになることは大切です。

この会社のビジョンが大好き!

この会社には育ててもらって恩義があるから大好き!

この会社で働けているだけで、喜びを感じる!

 

ということです。

この会社が好き!

この製品を扱っているこの部署が好き!

 

誰のためにやるの?

 

期待以上の成果を出し続けるための「ガソリン」として「誰のためにやるの?」って思いを抱くことが大切です。

自分が毎日成長していくために、「自分のためにやる」

チームメンバーや後輩が成長していくために「同僚のために」仕事をする

顧客である「医師」や「患者さん」のため「お客様のために」やる

自分の責任範囲でありエリア・このまち・この県・「この社会」のために働く

 

まとめ

 

今回は「期待以上の成果を出し続けるためには、思いが重要」って記事です。

 

MR

デキるMR、デキるマネージャーってどんな人?

 

 

MR
デキる人って、いつも名前を聞くから同じ人だよね?

 

 

MR
なんで毎年成績が良いんだろう、、、?
デキるMR、デキるマネージャーって、継続的に成果を出し続けているんです。
期待以上の成果を出そう!っていうイメージを持つことが大切。
行動に移していくためには「ガソリン」が必要です。
「ガソリン」とは思いです。
「思い」とは?
これが好き!こんな風な働き方が好き!この会社が好き!誰かのために働くことが好き!ってことです。
一度、飛び抜けた成果をあげることをイメージして。
自分の中で勝手に作ってしまう頭の中の枠組みを取り壊して働いていきましょう!
最新情報をチェックしよう!