【コロナウイルス活動自粛】医師のWEBコンテンツ視聴激増!どう活用する?

【コロナウイルス訪問自粛】医師のWEBコンテンツ視聴激増!どう活用する?

 

MR
コロナウイルスによる訪問自粛も2ヶ月。。。

 

 

MR
コロナウイルスの事態は悪化するばかり、、、

 

 

MR
いつまで訪問自粛は続くのやら、、、
4月21日になりました。
MR活動の訪問自粛は2月の中旬くらいからスタートしておりました。
期間が長いメーカーさんでは約2ヶ月になります。
コロナウイルスの感染拡大は収まるばかりか、広がる一方です。
医師もMRが訪問してこない日常に慣れつつあるようです。
医師の情報入手方法はインターネットを介した、独自に欲しい情報を取得しているようです。

医師のデジタル・WEBツールのアクセス数

では一体、医師のデジタル・WEBツールのアクセス数はどのように変化しているのでしょうか?
今回注目すべきことは、エムスリーの発表データです。
  1. m3.comのサイト上での滞在時間:昨対比+38%
  2. eディテール既読数:昨対比+56%
  3. Web講演会視聴人数:昨対比+76%
まずは、医師はエムスリーの滞在時間は増えているということ。
医療情報のネットはエムスリーが最大手だと思ってるんですが、それ以外のサイトも滞在時間も増えているのでしょうか。
「滞在時間が増えている」ということから想像できることは
  • 医師がネット情報を散策している時間が増えている可能性がある
  • 患者さんの来院も減っている
  • 医師も個人的な会合、オフィシャルな会合が減っている。
  • 医師も1人で過ごす時間が増えている可能性がある。
  • 新しい情報は自分から取りに行く必要がある。
  • 1人で過ごす時間を、e-ディテールやweb講演会の視聴時間に当てている。
コロナウイルスの感染拡大よって、日本国民1人1人が同じだと思うのですが、
仕事中も1人で過ごす時間が増えておりませんか?
それは医師も同じような状況であります。
1人で過ごす時間が増えないと、サイトの滞在時間って増えませんから。
医師にとって増えた「1人で過ごす時間」。ここに上手に入りこんでいくことがポイントでしょう。

MRのデジタル活動

 

このように、医師のデジタルツールの滞在時間が増えている情報が入ると、会社の管理職が考えることをお伝えいたしますね。

 

こんなことをMRに発信している本社の人がいたら、おバカちゃんですね。

あまりいないと思いますが、中堅メーカーの本社担当が考えそうなことです。

 

 

本社担当

医師のデジタルツールの滞在時間がこれだけ増えております。

(データで説得させる)

 

 

本社担当

これは、MRからの情報が入らなくなったことで、医師が自分から情報にアクセスしに行っているからです。(自社にとって都合の良い解釈をする)

 

 

 

本社担当

だから皆さん、医師にメールを送ったり、WEB講演会の案内を送ったり、自社のデジタルツールを活用しましょう

 

 

 

本社担当
皆さんからの情報提供は求められております!

 

こんなメールとは発信をする人は、まあ、仕事ができない本社担当でしょうね。

大手企業には少ないと思います。中堅企業にはいるようです。

 

一気にメールが増えたり、WEB講演会の視聴が増えたら、この人の手柄になるんで、単純な発信をしているだけです。

仕事ができない。現場目線がない人なので、放っておいてあげた方が良いでしょう。

 

 

いくら医師がエムスリーの滞在時間が増えたからといって、MRさんが届けたい情報にアクセスするかは別話なんです。

じゃあ、皆さんに質問しますね。

 

皆さんもメルマガとかたくさん登録していると思います。

いま在宅ワークで1人で作業をする時間が増えております。

では、メルマガやたくさんのメールを1つ1つ丁寧にメールをチェックしてますか?

 

この時間を利用して、皆さんも自分がやらなきゃいけないこと、やりたいことをやっていませんか?

それはどの人も同じなんです。

医師のやるべきこと、やりたいことにマッチしない限り、メールを送っても全く意味がない。

 

そんな時にバンバン連絡や電話が来たりする営業マンって、みなさんは好きですか?

「ありがとう」って言いたいですか?

 

そこがMRや営業マンの出発点ではありませんか?

 

メールでも親しい易さを感じさせながら、

このような状況の中で、困っていることに対処していくことはもちろん

あったら良いな、知ってたら良いな、にも気づかせていく

そんな営業マンであれば「ウザいな」とは思われにくいでしょう。

 

皆さんが毎日やっていることは「ウザく」なっていませんか?

しつこい営業、人に役立つ営業、

あなたはいま、どちらでしょうか?

最新情報をチェックしよう!