上司に評価されるMRになるために

上司に評価されるMRになるために:明日からデキる簡単なコツ

 

MR

MRとして成果を出しているのにも関わらず、評価がイマイチなんだよなあ。

 

MR
俺の方が営業成績良いのに、なんでアイツが先に出世するの?

 

MR
アイツなんて、営業成績イマイチだったぜ?
MRのみなさん、こんな経験はございませんか?
「俺の方が仕事ができるのに、、、なんでアイツが、、、、」といったことです。
上司から評価されるMRになるために:明日からデキる簡単なコツ
本日の内容の前に簡単な自己紹介をしますね。

 

いまは国内医薬品メーカーのマネージャーです。これまでの仕事のほとんどがMRです。

こちらがMRとしての担当経験。幅広い担当製品。多くの診療科を訪問しました。

●開業医・市中病院担当:3年
●地方の大学病院:5年
●東京の日本有数の私立大学病院 :4年
●東京の日本有数の国立大学病院:3年
私がこまめに記事を書いて発信している、「営業センスがなくて悩んでいるMRさん」に少しでも前向きになってもらいたいからです。
その理由は、僕も新入社員の頃、すごーく悩んでいたからです。
MR
インセンティブとはごと遠いへど、いつか取りたい、、、
MR
デキるMRになって見たい、、、、、
MR
上司に評価されて任されたい、、、、
新入社員の頃、いつもいつもこんなことを思っておりました。
新入社員の2年間はひたすら働きながらもがき苦しんでおりました。
自分のセンスのなさにガッカリして、いきなり成果を出していく同期と比べて自分が情けなくて、車の中で涙を流す日も。。。
しかしながら、そんな自分でもMR3年目から10年目まで全て計画達成することができました。
海外研修のインセンティブは3回。小さなインセンティブは数えきれないくらいゲットしました。
僕が悩んでいるMRさんに伝えたいことは、
毎日、コツコツと正しいやり方で努力を継続して行けば、絶対に成果をあげることができるというのが私の考えです。
そのためMRさん向けに、様々な情報をできるだけ毎日発信していきたいと思います。
今日は「上司に評価されるMRになるために:明日からデキる簡単なコツ」についてご紹介します。

上司に評価されるMRになるために:「相手によって態度を変えない」

 

 

上司に評価されるMRになるためには、相手によって態度を変えないことが大切です。

直属の上司や、部長、支店長だけに対して「良い顔」をする人がいます。

これは一見効果がありそうですが、逆効果です。

あなたのことを評価する人は、直属の上司だけではありません。

あなたに関わる全ての人が、あなたの評価者になります。

 

 

上司から評価されるMRになるため:上司に完璧を求めずにサポートする

 

 

上司から評価されるMRになるためには、上司に完璧を求めてはいけません。

たまに、こんな発言をする人がいます。

「うちの上司、俺より仕事ができないのに・・・・」

「うちの上司、俺より営業センスないのに。。。」

 

上司に評価されるMRさんは、上司に完璧を求めておりません。

上司の立場からMRを見ると、そのようなMRはすぐ分かります。

上司の苦手なこと、自分に足りないこと、それをサポートしてくれるMRさんを好みます。

 

上司も人です。

助けてくれる人と良い関係を構築したいと思っております。

 

上司から評価されるMRになるため:チームへの貢献を第一とする

 

 

上司から評価されるMRになるために、チームへの貢献を第一とする意識を持ちましょう。

自分の利益やアピールを優先する人が多いです。

 

上司から評価されないMRさんは、自分の手柄ばかりを気にします。

上司から評価されるMRは、チームの貢献を第一にします。

つまりは、上司の手柄をたくさん作ります。

 

上司から評価されるMRさんは、チームの貢献第一、上司の手柄を作ることが得意なんです。

 

上司から評価されるMRになるため:元気、挨拶も元気

 

 

上司から評価されるMRさんは、元気です。

挨拶も元気です。

 

上司の立場からすると、「明るい雰囲気」を作ってくれる人を望みます。

元気な人、元気な挨拶は、チームを明るい雰囲気にして行きます。

 

どんなに仕事ができるMRでも、暗くて取っ付きにくい人はチームを明るくしません。

チームを明るくしてくれるMRさんは、評価されるんです。

 

 

上司から評価されるMRになるため:報連相がしっかりしている

 

 

上司から評価されるMRになるために、「報連相」がしっかりしていることが重要です。

デキるからといって、上司をすっ飛ばして仕事を進めることは好ましくありません。

 

上司に報告し、連絡し、相談をする。

その上で仕事を一緒に進めているつもりでやる。

 

メールが来たらきちんとレスをする。

こまめこまめの報連相をすることで、信頼関係構築につながるんです。

 

 

上司から評価されるMRになるため:「自分の価値観」より「会社の方針」

デキるMRになればなるほど、独自の仕事の進め方などに拘りがあります。

その独自の仕事のやり方やポリシーが、会社の方針とかけ離れていたらどうしますか?

 

その時に優先すべきことは「会社の方針」です。

会社の方針を第一に考えている人が上司です。

上司の考え=会社の方針なんです。

 

あなた独自の価値観、仕事のすすめ方は、時には会社の方針に逆らうことになるかもしれません。

あなた独自の価値観や仕事の進め方ではなく、会社の方針を第一として考えて見ましょう。

 

上司から評価されるMRになるため:群れない

 

上司に評価されるMRになるためには「群れない」ことです。

出世している人の中には「群れている」人がもしかしたら、いるかもしれません。

 

上司は、「群れているMR」を好みません。

上司から見たら、群れているMRは、どこの誰と付き合っているかはわかりません。

群れているMRって、イマイチ信用できない人たちなんです。

みなさんの周りのMRさんはどうでしょう?

 

まとめ

 

本日の内容です。

 

 

MR

MRとして成果を出しているのにも関わらず、評価がイマイチなんだよなあ。

 

MR
俺の方が営業成績良いのに、なんでアイツが先に出世するの?

 

MR
アイツなんて、営業成績イマイチだったぜ?
MRのみなさん、こんな経験はございませんか?
「俺の方が仕事ができるのに、、、なんでアイツが、、、、」といったことです。
上司から評価されるMRになるために:明日からデキる簡単なコツ

 

 

上司から評価されるMRになるため

  1. 相手によって態度を変えない」
  2. 上司に完璧を求めずにサポートする
  3. チームへの貢献を第一とする
  4. 元気、挨拶も元気
  5. 報連相がしっかりしている
  6. 「自分の価値観」より「会社の方針」
  7. 群れない

 

明日からデキる簡単なことです。

出来ていない人は是非チャレンジして見てください。

最新情報をチェックしよう!