デキるMRさんは、なぜ毎年営業成績が良いのか?

デキるMRさんは、なぜ毎年営業成績が良いのか?

 

MR

なぜ、あの人は毎年営業成績が良いの?

 

 

 

MR
毎年営業成績が良い人は、どんなことを考えて実行しているの?

 

 

 

MR
毎年毎年成績が良いって、なぜ?
今回は毎年、毎年営業成績が良い人って、どんなことを考えて実行しているの?
って話です。
毎年営業成績が良いMRさんが、考えていること。実行していること。

 

今回の記事の前に自己紹介だけさせてください。

 

 

いまは国内医薬品メーカーのマネージャーです。これまでの仕事のほとんどがMRです。

こちらがMRとしての担当経験。幅広い担当製品。多くの診療科を訪問しました。

●開業医・市中病院担当:3年
●地方の大学病院:5年
●東京の日本有数の私立大学病院 :4年
●東京の日本有数の国立大学病院:3年
私がこまめに記事を書いて発信している、「営業センスがなくて悩んでいるMRさん」に少しでも前向きになってもらいたいからです。
その理由は、私も新入社員の頃は営業センスがなくて悩んでいたから気持ちがわかるからです。
MR
いつかはインセンティブを取りたいけど、縁がない、、、
MR
1年でいいから。良い営業成績をとってみたい。。。
MR
毎年インセンティブをとってる人って、一体何をしているの、、、?
新入社員の頃、いつもいつもこんなことを思っておりました。
新入社員の2年間はひたすら働きながらもがき苦しんでおりました。
自分のセンスのなさにガッカリして、いきなり成果を出していく同期と比べて自分が情けなくて、車の中で涙を流す日も。。。
しかしながら、そんな自分でもMR3年目から10年目まで全て計画達成することができました。
海外研修のインセンティブは3回。小さなインセンティブは数えきれないくらいゲットしました。
僕が悩んでいるMRさんに伝えたいことは、
毎日、コツコツと正しいやり方で努力を継続して行けば、絶対に成果をあげることができるというのが私の考えです。
そのためMRさん向けに、様々な情報をできるだけ毎日発信していきたいと思います。
毎年インセンティブをとったりしていた自分が考えていたこと、実行していたことの一部でも、
悩んでいる誰かに伝えることで、苦しんでいる現状から脱却して欲しいです。

自分で、自分なりの目標を設定する

 

 

営業成績が良い人は、自分で自分なりの目標を設定しております。

私もそうでした。

 

MRさんは会社から販売目標がトップダウンで降りてきます。

その目標に対して「ラッキー」「不公平だ、、、」などの思いを抱きながら、その目標に向かって働いていると思います。

 

営業成績が良いMRさんは、自分で目標を設定します。

「半年後にこれぐらいの販売実績があれば、全国一番になっているだろう」と、

販売目標を超える目標を自分なりに設定するところから始めるんです。

 

その目標と現状のギャップ。

このギャップを具体的に把握することから開始します。

このギャップを具体的な数値を自分で計算します。

 

「今月は、どこで、どれくらい?」でギャップを埋めることができるのか?

ギャップを埋めるための戦略を立てます。

このイメージができていないと、なんとなく毎日働いているだけになります。

 

「今月は、どこで、どれくらい?」というギャップを埋めるための戦略の実行。

この実行に対する打率も重要です。

アクシデントもあります。

 

だからこそ、このギャップを埋めるための保険をかけるように、アクションの量にもこだわるのです。

「どれくらい行動をすれば、このギャップを簡単に埋めることができるのだろう」

「どれくらい行動をすれば、突き抜けるような実績を叩き出すことができるのだろう」

 

この1日のアクションの量も最大化させるために、1日のスケジュールをしっかり立てるのです。

 

仕事の当事者意識が強い

 

デキるMRさんは、仕事の当事者意識が強いです。

具体的な例をあげましょう。

 

講演会の企画の例をあげます。

デキないMRさんは、自分の担当先の医師を講演会に呼ぶことができません。

デキるMRさんは、自分の担当先の医師の中でも必ず呼びたい人を連れてきます。

 

自分の担当先の医師を連れてきても会社からの評価はマルにならないですし、

自分の担当先の医師を連れてこなくても会社からの評価はバツにならないでしょう。

 

それでもデキるMRさんは、当事者意識が強いため、様々なツールを積極的に使いこなしていくのです。

 

成功体験をしても、気持ちの切り替えが早い

 

 

デキるMRさんは、何回もインセンティブをとっております。

会社のキャンペーンはことごとくゲットしていきます。

なぜゲットできるのか?

 

それはインセンティブを取った瞬間だけ喜んで、スグに忘れるからです。

そして次のインセンティブを取りに行く気持ちの切り替えが早いです。

 

インセンティブを1回だけ取る人はたくさんいます。

ラッキーで取ることもできると分かっているんです。

2回取るとハードルは高いです。

3回目はもっとハードルが高いです。

だから毎年取ることに拘っているんです。

 

 

情熱を持つ

 

 

デキるMRさんは情熱的です。

絶対に何とかするんだ!という気持ちが熱いです。

自分が責任を果たす。

人の役に立つ。

社会の役に立つ。

 

みんなを鼓舞する。

できない人にも手を差し伸べる。

 

プレゼンも気持ちを込めます。

 

デキるMRさんは、情熱的です。

情熱が人の心を動かすってことを分かっているんです。

 

人の成功例をパクる

 

 

デキるMRさんは、自分で成功例を連発します。

しかしながら、人の成功例も積極的に吸収します。

 

よく一般的に言われている言葉ですが

「徹底的にパクる」

 

デキるMRさんは、人の成功例をどんどん吸収して、自分もモノにします。

自分のモノにして、実践します。

だからノウハウが豊富になります。

 

ノウハウが豊富な理由が「徹底的にパクる」

これを実践しているからです。

 

徹底的にパクリ、自分のモノとして、日々磨きをかける。

 

昨日と同じことをしない。

明日はより磨きをかける。

 

まとめ

 

今回は、こんな気持ちを抱いてるMRさん向けの記事を書きました。

 

MR

なぜ、あの人は毎年営業成績が良いの?

 

 

 

MR
毎年営業成績が良い人は、どんなことを考えて実行しているの?

 

 

 

MR
毎年毎年成績が良いって、なぜ?
毎年営業成績が良いMRさんが、考えていること。実行していること。

 

  1. 自分で、自分なりの目標を設定する
  2. 仕事の当事者意識が強い
  3. 成功体験をしても、気持ちの切り替えが早い
  4. 情熱を持つ
  5. 人の成功例をパクる

 

ほんの一部ですが、デキるMRさんたちが実践していることを紹介しました。

もし実践できていないことがあれば、少しずつ実践してください。

最新情報をチェックしよう!