【MR活動自粛】医薬品メーカーの社員数の減少に歯止めがかからない話

医薬品メーカーの社員数の減少に歯止めがかからない話

 

 

MR
新型コロナウイルスによる活動自粛はまだまだ続きそう

 

 

MR
フォーミュラリーの浸透といい、MRの数も必要最低限の時代が来そう。

 

今回、製薬会社で働いている社員数がどんどん減少している話です。

本件は色々と考察した方が良さそうです。

 

 

  1. 医薬品メーカーの社員数が減少している現状
  2. 新型コロナウイルスによる活動自粛
  3. 今後予想されること

こんな流れで考えていきたいと思います。

 

その前にちょっとした自己紹介。

 

いまは国内医薬品メーカーのマネージャーです。これまでの仕事のほとんどがMRです。

こちらがMRとしての担当経験。幅広い担当製品。多くの診療科を訪問しました。

●開業医・市中病院担当:3年
●地方の大学病院:5年
●東京の日本有数の私立大学病院 :4年
●東京の日本有数の国立大学病院:3年
私が記事を書いて発信している、「MRセンスがなくて悩んでいる方」に少しでも前向きになってもらいたいからです。
その理由は、MR時代の私です。
MR
営業トークが上手い人が羨ましい。。。自分は喋りが下手だし、、、
MR
盛り上げ上手や一芸もないし。。。。
MR
売れないからモチベーションが上がらない、、、、
新入社員の頃は、こんな悩みを抱えておりました。
しかしながら、そんな自分でも新入社員の頃の2年間以外10年連続で計画を達成しました。
海外旅行のインセンティブは3回。ちょっとしたインセンティブは数え切れないくらいです。
毎日、コツコツと正しいやり方で努力を継続して行けば、絶対に成果をあげることができるというのが私の考えです。
MRという職業は今後どんどん減少していくことは間違いないです。
しかしながら、半数や1/4になることはあっても、ゼロになることはないです。
MRという職業にもがいていても、生き残ることができるMRさんになって欲しいです。
そのためMRさん向けに、様々な情報をできるだけ毎日発信していきたいと思います。

 

製薬会社の社員数が減少している話

 

今回、注目した数字はAnswersのまとめた記事です。

 

製薬企業の人員減が止まりません。

東証1部上場の主要製薬企業32社の2019年度の従業員数は、単体ベースで前年度から2339人(3.7%)減少したことが、AnswersNewsのまとめでわかりました。

新薬メーカーの減少が特に顕著で、5年前と比べると5800人あまり減っています。

(引用: Answersより)

 

なんと主要製薬企業32社の従業員数が1年で3.7%減少しているという事実。

5年前と比較すると、5800人減少しております。

 

この32社には外資系メーカーが含まれておりません。

医薬品メーカーは外資系メーカーの参入率が高いです。

これらの企業を含めて考慮したら、もっと多い数になるのです。

 

なぜ、このような現状が起きているのでしょうか?

 

製薬会社社員数の原因

 

製薬会社の社員数の減少の一つには、子会社への出向があります。

シオノギや協和キリンなどの主要企業の中には、子会社を立ち上げて出向先に異動したことで表向きの社員数が減少している企業があります。

 

鳥居薬品、武田薬品、アステラス製薬、大日本住友製薬、エーザイなど大手企業は、10%以上も社員数が減少しているのです。

 

沢井製薬や日医工などは軒並み社員数が増加しておりますが、全ての後発品メーカーが順調な訳ではありません。

田辺三菱製薬も後発品メーカーから撤退をしております。

エーザイも日医工に後発品事業を売却しております。

 

 

製薬会社の早期退職も断続的に行われております。

今後どうなっていくのでしょうか?

 

7月の製薬会社の活動状況

 

7月の製薬会社の活動状況はいかがでしょうか?

大学病院と開業医で大きく事情は異なります。

開業医に関しては、多くの施設で訪問可能となっているでしょう。

他方、大学病院に関しては、活動状況は大変厳しい状況でしょう。

 

多くの大学病院や大病院は「不要不急の外出は控えてください」というルールです。

一方で、製薬会社の活動方針としては「病院のルールに従って訪問」となっている企業がほとんどです。

その中も「とりあえず訪問してこい」的な企業が多くを占めます。

 

「なぜ訪問してこい」という指示が出ているのか?

その理由は簡単です。

計画に対する進捗が遅れているからです。

 

遅れるとどうなるのか?

企業は利益を確保しなければいけません。それが未来への投資につながるからです。

利益も確保できないと、経費を削減する必要があります。

プロモーション費用、福利厚生、営業手当などなど。

それらの経費削減の話が出て来たら、厳しい状況なのでしょう。

 

社員数を維持するために経費を削減している訳ですから。

維持することができなくなるわけです。

 

医薬品のタイプによると思いますが、「既存の治療に上乗せ併用」してもらうタイプの薬剤が主力であるとキツイのではないでしょうか?

プロモーションの量が減ることにより、併用してもらう機会が減る訳です。

 

アンカードラッグ的な薬剤は基本的に順調に売上は推移していくのではないでしょうか?

 

今後の展開

 

日刊薬業やAnswers、ミクスなどを見てみると、MRの活動自粛はまだまだ続くでしょう。

ワクチンが開発されるまでは、落ち着かない日々が続くのではないでしょうか?

一流のMR以外は今後非常に厳しくなっていくでしょう。。。。

 

これからは自分を守っていくスキルも身につくべきです。

やはり、英語や経営スキル。資産運用などはマスト。

会社に頼る人生からの脱却ではないでしょうか?

 

私自身のおすすめはこちらです。

 

TOEIC 神プログラムの「スタディサプリ」

私自身は「パーソナルコーチプラン」3ヶ月実施。TOEICのスコアは800ぐらいまで上昇しました。

英語を勉強する習慣がない時は、パーソナルコーチプランがおすすめです。

ある程度英語を勉強する習慣がついた時はアプリのみの利用でも十分でしょう。

テキストで勉強するより勉強しやすいです。



 

STUDYINGでの資格取得

 

資格取得するメリットは、勉強する習慣がつくことです。

そして、インプット、時には転職の履歴書に書けることです。

TACなどの資格学校よりもネット系会社の方がコストが安くお手頃です。

 

私も「まずはチャレンジ!」という軽い気持ちで毎日のスキマ時間に勉強をしております。

グロービスに通うお金もないなあ、、、、という方にはオススメです。



 

オンライン英会話

 

オンライン英会話は絶対やった方が良いです。

なぜならコストパフォーマンスが良く、英語習得の最短方法だからです。

毎日ちょこっとずつ触れると良いです。

レアジョブが最大手ですが、こだわらずに体験授業をどんどん受けてみて、自分にぴったりのスクールに通うと良いでしょう。

迷ったらレアジョブかなと思いますが。



最新情報をチェックしよう!