武田薬品のグローバル人材育成について

武田薬品のグローバル人材育成について

 

こんにちは!コロスケです!

今回は「武田薬品のグローバル人材育成」について、ご紹介いたします。

 

なぜ、このような記事を書くことにしたのか?についてです。

  • 日刊薬業、ミクスでも大きく取り上げられたいた反響の大きい内容であったこと
  • 多くのMRさんが、MR以外の機会を求めて模索して苦しんでいること

 

これからの医薬品メーカーはどんなメーカーであろうと、グローバル人材が求められていくようです。

なぜならば、会社を維持していくためには、日本市場の成長は見込めなくなったからです。

どうであれば、どこに成長の機会を求めていくのか?

それは海外になります。

 

そのために、国内メーカーとして世界的なグローバルの医薬品メーカーになった武田薬品はどのような人材育成ーアプローチをしているのか?

記事の中で参考となるポイントが隠れております。

 

武田薬品の国内採用基準の英語力

 

今年話題になった記事の一つとしては、MRの採用基準に英語力を設けたことです。

そのような基準なのか?については

 

  • 入社時よりグローバルでのコミュニケーションが可能
  • 基礎レベルの英語能力を有し、ビジネスレベルへのスキル向上に向けて、自己研鑽を行うことができる
  • 点数の基準は設けていないこと

 

しかしながら、

英語はあくまでコミュニケーションツール。

二次的なものであり、本質として重要なのはグローバルの資質。順番を間違えてはいけない

(日刊薬業より)

 

グローバルコミュニケーションができるということは、最低条件とも読み取れまます。

日本の企業のリーディングカンパニーはこのように考えております。

つまりは今後 他のメーカーも同レベルの人材を確保するために、同じような基準を設けていく可能性も十分ありえます。

 

グローバルの人材とは

 

ではグローバルの人材とはどのような人材なのでしょうか?

武田薬品の取締役であり、ジャパンファーマビジネスユニットのプレジデントの岩崎氏は

「ローケーションに関係なく力を発揮できる人材」

と唱えております。

 

どのような仕事についても、周囲の環境がどのようであっても、周囲に影響を与えながら、成果を発揮していく人材といったところでしょうか。

 

具体的には

  • 組織に依存せず、自分で道を切り開ける
  • リスクを恐れず自分が正しいと思ったところに飛び込める
  • 相手の文化や価値観を理解しながら自分の思っていることを伝えられる(日刊薬業より)

 

自分で道を切り開く、ということは自分の考えや信念を持っているということです。

その信念を持って、自分の信じた道を切り開いていく勇気を併せ持っていることですよね。

そして、自分一人でその方向に向かっていくのではなく、どんな人を仕事をしていてもコミュニケーションをとりながら進んでいく必要性です。どんな国の人であっても。同じ日本人でもバックグラウンドは様々です。

 

MRの皆さんが多忙な業務の合間で、仕事の成果を出しながら、能力も開発していく、

これは非常に大変です。能力開発のポテンシャル、スピードも求められてきます。

 

ここで様々な方にスキマ時間にどのような能力開発を行っているのか?少し聞いてみました。

 

英語力

 

スタディサプリイングリッシュ

 

1つ目は、リスニング、リーディングに関して

「スタディサプリ イングリッシュ」です。

最初の3ヶ月くらいはパーソナルコーチングプランで申し込んで、毎日お尻を叩いてもらうことがオススメです。

アプリでも学習することができるため、仕事のスキマ時間に少しずつ進めていくことができます。

一方で最初は土日はガツっと勉強が必要です。

 

 

トーキングマラソン

 

スピーキングに関してです。

やはりグローバル人材を目指していくためには、スピーキング能力が必要です。

スピーキング能力は話すトレーニングをしなければ身につきません。

 

オンライン英会話も十分トーレンングになりますが、瞬間英作文のような基礎が必要です。

そこでアルク社の「トーキングマラソン」がオススメです。

 

 

スピーキングのトレーニングをするためにはアウトプットの量が重要です。

ライザップではありませんが、語学も筋トレと同じようなトレーニングです。

トレーニングあるのみです。

 

オンライン英会話

 

そしてオンライン英会話です。これもオススメです。

しかしながら、全く基礎がなく初めてしまう人もおります。

これはチンプンカンプンでしょう。

 

TOEIC450くらいのレベルに達していなければ、少し基礎を勉強してからの方が良いかなとは思います。

オススメのオンライン英会話スクールですが、様々なスクールの無料体験をやってみるのが良いです。

自分に合う、合わない、があります。

 

その中でも「知名度がある」「歴史がある」というスクールの方が外れは少ないと思います。

オンライン英会話ということであれば、歴史があるのは例えば「レアジョブ」ですね。

 

 

 

 

安くても、教えることに関しては素人の外国人とただただテキストを読むだけ、のスクールもあります。

グローバルコミュニケーションの心のバリアを下げるだけなら、そんなところでも十分かもしれませんが。。

 

間違いなく言えることは考える暇があったら実行です。

どれにしようかな、、、、と悩んでいる暇があったらチャレンジあるのみです。

 

ビジネススキルを身につける

 

先ほどは英語力の向上についてご紹介しました。

次はスキマ時間にビジネススキルを身につけることです。

車の移動中など、スキマ時間に学べるものを3つピックアップしました。

 

グロービス学び放題

 

まずは、グロービス学び放題です。

ビジネススクールを運営する「グロービス」が提供する定額制動画学習サービスです。

ビジネスに必要とされる体系的な知識を、300コース、2,500本の動画を通じて好きな時に、好きなだけ学習することができます。

また、ちょっとした隙間時間でも視聴できるように1本あたり3分程度で構成されています。

 

 

mba switch

 

大前研一氏が主宰するビジネスブレークスルー大学の無料メルマガです。

「マネジメントとビジネストレンドの知見を得るMBAメディア」です。

無料で月2回配信されます。

無料で使えるものは使いましょう。

 

 

日経ビジネスの購読

 

2週間に1回配信されます日経ビジネスです。

世界中のビジネストレンドをつかむことができます。

iPad購入とともに購読することが可能です。

お金がもったいない方は図書館で読むこともありだと思います。

 

まとめ

ということで、今回は武田薬品のグローバル人材についてまとめてみました。
グローバル人材になるために、まずは小さなことから始めてみることが大切だと思います。
何にもしないと何にも始まらないです。
仕事にも全力で向き合って、能力開発にも全力に向き合う。
厳しい業界で生き残っていくために必要なことでしょう。
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!