ギリアド・サイエンシズが炎症性疾患事業を立ち上げ

ギリアド・サイエンシズが炎症性疾患事業を立ち上げ

 

こんにちは!コロスケです!

本日は「ギリアド・サイエンシズが炎症性疾患事業を立ち上げ」についてご紹介いたします。

なぜ、このテーマについてご紹介する理由は下記の通りです。

 

  • 製薬企業の社員として、新規事業立ち上げの情報はチェックすべき項目であるから
  • チェックすべき理由は、人員削減のトレンドの中、事業立ち上げは人を増やす話題であるから

 

その前にギリアド・サイエンシズについて整理してみます。

 

ギリアド・サイエンシズ

 

ギリアド・サイエンシズ

 

ギリアド・サイエンシズは1987年に米国で設立された、まだ歴史の浅い会社です。

しかしながら2018年度決算では、世界で12番目の売上高の大きい企業です。

2015年にはグローバルランキングで6番目に飛躍し、小規模ながら世界的企業に躍進した会社です。

 

日本法人設立は2012年。営業を開始したのが2015年だったと思います。

C型肝炎治療薬「ソバルディ」「ハーボニー」の製品を市場に投入し、一躍大企業の仲間入りを果たしました。

現在の製品は下記の通りです。

 

●B型・C型肝炎治療薬

  • ソバルディ
  • ハーボニー
  • ベムリディ
  • エプクルーサ

 

●HIV治療薬

  • 「ビリアード®錠 300mg」
  • 「エムトリバ®カプセル 200mg」
  • 「ツルバダ®配合錠」
  • 「スタリビルド®配合錠」
  • 「ゲンボイヤ®配合錠」
  • 「デシコビ®配合錠 LT/HT」
  • 「ビクタルビ®配合錠」

 

●歴史

●2015年
3月 ソバルディ®錠400mgがジェノタイプ2型C型慢性肝炎治療薬として承認取得
5月 ソバルディ®錠400mg発売
7月 ハーボニー®配合錠がジェノタイプ1型C型慢性肝炎治療薬として承認取得
9月 ハーボニー®配合錠発売
●2016
12月 ベムリディ®錠25mgがB型慢性肝疾患治療薬として承認取得
●2017年
2月 ベムリディ®錠25mg発売
3月 ソバルディ®錠400mgがジェノタイプ3~6型C型慢性肝炎治療薬として適応拡大承認取得
●2018年
2月 ハーボニー®配合錠がジェノタイプ2型C型慢性肝炎治療薬として適応拡大承認取得
●2019年
1月 日本たばこ産業とのライセンス契約の終了に伴いHIV感染症治療薬6製品
「ビリアード®錠 300mg」「エムトリバ®カプセル 200mg」「ツルバダ®配合錠」
「スタリビルド®配合錠」「ゲンボイヤ®配合錠」「デシコビ®配合錠 LT/HT」に関する情報提供活動を開始
エプクルーサ®配合錠が、C型非代償性肝硬変および直接作用型抗ウイルス療法(DAA)治療不成功の患者さんに対するC型肝炎治療薬として承認取得

 

このように、肝炎事業に加え、近年HIV事業を日本でも開始しました。

そこに今回、「炎症性疾患事業」も加わることになりました。

 

JAK1阻害薬「フィルゴチニブ」

 

 

炎症性事業疾患を立ち上げることになったのは、経口JAK1阻害薬フィルゴチニブ(一般名)を国内申請することになったからです。

このフィルゴチニブについては、エーザイと販売提携契約を締結しました。

製造販売承認はギリアドが保有、販売はエーザイが担当し、両社共同で情報提供・収集活動となるようです。

 

ギリアドの炎症性疾患事業に関しては、事業部門長が1月に着任し、本格的に組織作りを進目、MR数は約20人とする方向のようです。

すでに求人は終了しているか、これから応募かはわかりませんが要注目です。

 

現在申請中の関節リウマチ適応ですが、国内フェーズ3段階には

  •  潰瘍性大腸炎
  •  クローン病
  •  乾癬性関節炎

 

なども開発中のようです。

エーザイと手を組んだのは、JAK阻害薬の熾烈な競争が原因でしょう。

 

JAK阻害薬

 

 

今回ギリアド・サイエンシズがエーザイと販売提携を締結しました。

その背景には、JAK阻害薬の熾烈な競争を想定しているからと考えられます。

 

JAK阻害薬とは、どのような薬剤なのでしょうか?

以前のこちらの記事でまとめております。

関連記事

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】   MRなら知っておきたい「JAK阻害薬」 (更新日:2020年9月25日)     MR […]

 

まとめ

 

本日は「ギリアド・サイエンシズが炎症性疾患事業を立ち上げ」についてご紹介しました。

やはり、以前の予想通り、ギリアド・サイエンシズで事業立ち上げがありました。

 

MRの皆さんは、今後どの領域のパイプラインが豊富であるのか?

ゲームチェンジャーになる薬剤は?など考えながら、

減少していくイス取りゲームのイスを探していく「先の見る力」を養っていく必要があるかもしれませんね。

最新情報をチェックしよう!