【製薬・MRブログ】アストラゼネカ アレクシオン買収 未来を予想する

【製薬・MRブログ】アストラゼネカ アレクシオン買収 未来を予想する

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

(更新日:2020年12月12日)

 

 

 

英国製薬大手アストラゼネカ。アレクシオンを買収で合意。MRの未来はどうなるのでしょうか?

このような疑問に対して、自分なりの考えを述べたいと思います。

 

✔︎ 本日の内容

  • アストラゼネカ アレクシオン買収へ
  • 最近の医薬品メーカーの再編ニュースは?
  • MRの将来は?

 

 

✔︎ 本記事の信頼性:僕のこと

私は、現在下記のテーマについて情報発信しております。

Sota@nobisota

 

僕のMR経験です。

 

✔︎ 僕のMR経験

 

今回はアストラゼネカの買収ニュースから、MRの未来を予想してみたいと思います。

 

アストラゼネカ アレクシオン買収へ

2020年12月、医薬品業界にとっては驚くべきニュースが飛び込んできました。

英国製薬大手のアストラゼネカ(AZ)がアレクシオンを買収するニュースです。

 

アレクシオンは希少疾病領域の会社であり、以前より「いつかメガファーマに飲み込まれるのでは?」という噂や予想はされておりました。

とうとうアストラゼネカが買収することになりました。
アストラゼネカの狙いは
  • 免疫学でのプレゼンスを高めること
  • 希少疾患領域を強化すること
です。
アレクシオンは、補体阻害薬・ソリリスを上市しており、免疫領域と希少疾患領域に強みを持っております。
アレクシオンの2019年の売上高は19%増の50億ドル。
アストラゼネカはこの買収により、2025年まで毎年10%ずつ売上が増加していくことを見込んでおります。

 

 

医薬品メーカーの再編動向

 

 

 

最近の医薬品メーカーの再編とその狙いについては?
2020年末、アストラゼネカがアレクシオンを買収するニュースが飛び込んできました。

ここ数年、医薬品メーカーにはどのような再編があり、どのような狙いがあったのでしょうか?

 

 

 

BMS セルジーンを子会社へ

 

 

 

ブリストルマイヤース(BMS)がセルジーンを2019年に子会社化しました。

ブリストルの重点疾患領域は「がん・免疫」「循環器系」です。

セルジーンは「がん」「血液疾患」「免疫・炎症系」を重点領域としております。

セルジーン買収の狙いは、がん・免疫系の事業強化です。

やはり企業が長期的に存続していくためには、がんや免疫系のポートフォリオ強化が重要だなと思います。

 

 

武田薬品 シャイアー 買収

 

 

武田薬品がシャイアーを2019年に買収しました。

武田薬品の主力事業は「がん」「消化器」「中枢神経」「希少疾患」

そしてシャイアーは「希少疾患」のバイオ薬のトップ企業です。

 

武田薬品がシャイアーを買収した理由は、新薬開発パイプラインの強化です。
武田薬品は、新薬開発後期段階のフェーズ3が3品目しかなかった一方で、シャイアーは15品目保有をしていたからです。
そのシャイアーは、今後成長が期待できる「希少疾患」領域で成長を続けておりました。

アッヴィ アラガンを買収

世界一のヒット商品「ヒュミラ」を所有するアッヴィ。

米国大手バイオファーマのアッヴィは、アイルランドのアラガンを買収。

 

アッヴィの重点領域は「ヒュミラ」の炎症・免疫領域とがん領域。
アラガンは「美容」「アイケア」「中枢神経」「消化器疾患」。
アッヴィが買収をした狙いは、ヒュミラ依存からの脱却。
アラガンの持つ幅広いポートフォリオが、ヒュミラ依存リスクを軽減。

MRの将来は?

 

近年の医薬品メーカーの買収劇からMRの今後の展望をイメージ

キーワードは「がん」「免疫・炎症」「希少疾患」「中枢神経」「消化器」

これらの疾患領域の開発品目をチェックすると、「困っている患者さんが多く存在する領域」

 

 

 

アストラゼネカは、「希少疾患」を強化するためにアレクシオンを買収しました。

ブリストルは、「がん」「免疫・炎症性」を強化するためにセルジーンを買収。

武田薬品は、「希少疾患」の開発ポートフォリオを強化するためにシャイアーを買収。

アッヴィは、免疫領域で成長し続け、アラガン買収によりリスクを軽減。

 

 

 

最近の医薬品メーカーの買収をチェックするだけで、今後MRが生き残っていくための方向性を示していると思います。

外資系大手メーカーが長期的に存続していくために、プライマリー領域の製品のポートフォリオを強化していないのです。

現在製薬業界では「プライマリーMRヤバイ説」が唱えられております。

これは大きく間違っていないことが想像できると思います。

 

 

まとめ


今回はこのような疑問に対しての記事でした。

 

 

英国製薬大手アストラゼネカ。アレクシオンを買収で合意。MRの未来はどうなるのでしょうか?

 

✔︎ 本日の内容

  • アストラゼネカ アレクシオン買収へ
  • 最近の医薬品メーカーの再編ニュースは?
  • MRの将来は?

 

企業は成長をし続けないとサバイバルレースから脱落していきます。

アストラゼネカは、そのために「希少疾患」領域へと参入し始めます。

 

 

近年の医薬品メーカー買収劇を見ると、プライマリーMRは厳しい状況でしょう。

現在プライマリーを担当しているMRさんは、方向転換を模索してみることをおすすめいたします。

最新情報をチェックしよう!