【製薬・MRブログ】厚生労働省が病院フォーミュラリーに関する議論を開始

【製薬・MRブログ】厚生労働省が病院フォーミュラリーに関する議論を開始

(更新日:2020年11月16日)

 

 

MR
厚生労働省が病院フォーミュラリーに関する議論を開始したそうです。

 

 

MR
フォーミュラリーってなに?製薬メーカーへの影響は?
このような疑問にお答えします。
✔︎ 本記事の信頼性
私ですが、このような情報発信をしております。
✔︎ 僕のMR経験
僕のMR経験ですが、そこそこです。

✔︎ 本日の内容

  • フォーミュラリーってなに?
  • いつ頃に、どのような影響があるの?

 

このような記事についてご紹介いたします。

 

フォーミュラリーとは?

今回、フォーミュラリーに関するブログを書いた背景です。

 

✔︎ 本日の背景

  • 厚生労働省が2022年の診療報酬改定に関する議論を開始したこと
  • 議論の中に、病院フォーミュラリーの取り扱いが入っているようだ
  • 前回の診療報酬改定時では、フォーミュラリー算定は見送られていた

細かいことは分かりませんが、何にも知らないMRさんが抑えておくべきポイントは

● フォーミュラリーが浸透すればするほど新薬メーカーは向かい風

● 特にプライマリー領域MRにとっては向かい風

● フォーミュラリーの動きをチェックしながら、スペシャリティ・オンコロジー領域にシフトした方が良いかも

ってところがポイントです。

フォーミュラリーについて

 

MR
フォーミュラリーってなに?

フォーミュラリーを知らない人に向けて、です。

 

✔︎ フォーミュラリーとは

フォーミュラリーとは「推奨標準治療薬」=『最も有効で経済的な医薬品の使用方針』のこと

海外では、治療の標準化を目的に各医療機関で使用されている

日本では、増大する医療費の削減を目的に、社会保障審議会等でフィーミュラリーの導入が推奨されている

よって国内の病院や地域において、薬効分類によってはフォーミュラリーを作成・導入されている

 

ざっくり言うと、これがフォーミュラリー。

 

✔︎ フォーミュラリーのメリット

  1. 患者さんにとっては、有効であり経済的な薬剤が導入されること
  2. 病院のメリット:後発品使用促進、採用数の整理、医療費削減
  3. エビデンスを元に作成するので、リスク管理の向上
  4. 専門外の医師にとっては、参照になる

 

✔︎ フォーミュラリーのデメリット

  • お医者さん:処方薬の制限に対する懸念
  • 製薬会社:薬効群によっては、採用・処方が鈍化、売上減少

簡単に言うと、生活習慣病・プライマリーの領域において、

「新薬を使う前に、確固たるエビデンスのある薬剤の後発品を使えよ」

って流れです。

 

フォーミュラリーは、大きく2つに分かれます。

● 院内フォーミュラリー

● 地域フォーミュラリー

です。

 

院内フォーミュラリー

院内フォーミュラリーとは、病院独自の「医薬品使用ガイド」です。

地域の基幹病院から大学病院まで、プライマリー領域のフォーミュラリーを作成するムーブメントは確実に起きております。

✔︎ 院内フォーミュラリーの流れ

  1. 対象となる薬効群の治療効果や安全性を事前評価する
  2. 対象薬効群の院内フォーミュラリーを作成する
  3. 院内で審議・承認

 

このような流れです。

 

対象となっている薬効分類群は、医療基幹ごとに異なっているようです。

✔︎ 院内フォーミュラリー:代表的な薬効群

  • フィブラート系薬:高脂血症(リピディルなど)
  • ミネラルコルチコイド受容体(MR)拮抗薬:高血圧(アルダクトン、セララ)
  • 抗インフルエンザ薬:タミフルなど
  • ACE阻害薬・ARB:ブロプレス、ディオバン、オルメテック
  • PPI・P-CAB:タケプロン、タケキャブ、ネキシウム
  • キサンチンオキシダーゼ阻害薬:高尿酸血症
  • 抗ヒスタミン薬:アレグラ、タリオン、ザイザル

 

✔︎ 院内フォーミュラリー:狙われている真っ只中

  • OAB治療薬:「ウリトス/ステーブラ」、
  • NK1受容体拮抗型制吐薬:「イメンド」(アプレピタント)
  • 5-HT3受容体拮抗型制吐剤:(アロキシ、カイトリル)
  • ビスホスホネート製剤:(アクトネル、ベネット、ボノテオ)
  • 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs):「セレコックス」
  • インスリン:「ヒューマログ」
  • EPO製剤:(エポジン、ネスプ)
  • G-CSF製剤:(グラン、ジーラスタ)
  • 高リン血症治療薬:
  • 神経因性疼痛治療薬:「リリカ」

 

簡単な例で言うと

●インフルエンザ:ゾフルーザ使う前にタミフルの後発品を使えよ

●PPI:いきなりネキシウム使うなよ

ということです。

 

地域フォーミュラリー

このフォーミュラリーの流れを、地域ごとに運用して行こう、って流れが地域フォーミュラリーです。

この流れは、都内の大学病院を多く抱える新宿区でも起きております。

 

地域フォーミュラリーの先駆けが「日本海ヘルスケアネット」です。

 

✔︎ 日本海ヘルスケアネットとは

  • 山形県酒田市の取り組み
  • 地域医療連携推進法人「日本海ヘルスケアネット」がちい
  • 地域全体で連携(病院機構・病院・調剤薬局・診療所)

 

山形県酒田市は地域全体で取り組んでおります。

この中で、地域フォーミュラリーのメリットを以下のように発表されております。

 

✔︎ 地域フォーミュラリーのメリット

  • ポリファーマシーの削減
  • 医療費負担減、患者負担減
  • 地域全体での使用医薬品の収束
  • 薬剤費節減、在庫節減
  • 地域連携の加速、管理の向上

 

つまり、医薬品メーカーの視点で見てみると「多品種少量在庫が見直される」わけです。

同種同効品であれば、選択肢は絞られていく取り組みになってくるのです。

 

時代はスペシャリティケア領域

医薬品メーカーで働く人、MRさんにとっては、どのような未来が予想できるのでしょうか?

想像できる未来は「フォーミュラリーの対象となるような疾患群・薬効分類群で働いていることがリスク」ってことです。

これは容易に想像できます。

 

以前からも述べておりますが、これからの時代は確実に「スペシャリティ・オンコロジー領域」です。

現在プライマリー領域で働いている人は、どれだけ会社に評価されていても、業界全体の中では評価されない可能性はあります。

僕個人の意見ですが、できるだけ早い段階で「脱プライマリーシフト」をした方が良いと思います。
そこに向かって転職している人も増えてきております。
MRの数は年々減少しております。
椅子の数は減っていく一方です。
あなたが将来座る椅子は、今の会社にありますか?

一度「SAMUAI JOB=JACリクルートメント」に登録をして、現段階の自分のポテンシャルを聞いてみると、心地よい焦りが生まれるのでおすすめです。


 

まとめ

 

本日のまとめです。

✔︎ 本日の内容

  • フォーミュラリーってなに?
  • いつ頃に、どのような影響があるの?

 

プライマリーMRを駆逐するかもしれないフォーミュラリー

2022年には、診療報酬で評価される可能性があります。

後発品の使用が促進したように、一気に浸透する可能性はあります。

 

それまでの1年足らずの間で、予想できる未来に向けて対策を打つ方が賢い選択です。

最新情報をチェックしよう!