【育児ブログ】発達障害児の家庭学習【チャレンジタッチ】

  • 2020年10月21日
  • 2020年10月22日
  • 子育て

【育児ブログ】発達障害児の家庭学習【チャレンジタッチ】

 

 

発達障害児の家庭学習に悩んでおります。みなさんはどの教材を使用しておりますか?

「発達障害児」・・・

「家庭学習」・・・・

「どんな教材が良いのか」・・・・

こんな疑問に対して、私の経験を紹介します。

 
 

✔︎本日の内容:発達障害児の家庭学習(チャレンジタッチ)

① 発達障害児の学習の悩み
② 家庭学習用の教材
③ 実際の体験

 

✔︎本記事の信頼性:僕のこと

Sota@nobisota

 

私は、現在下記のテーマについて情報発信しております。

① 【製薬ブログ】元製薬メーカーのトップセールスの経験の情報発信
② 【投資ブログ】毎月の少額投資の運用状況の情報発信
【育児ブログ】子育て関連の情報発信
④ 【資格ブログ】英語や中小企業診断士の資格取得の情報発信予定
⑤ 【生活
ブログ】生活全般の発信(オススメのお店やアイテムなど)
⑥ 【ブログ】ブログ構築での疑問点の情報発信
 

詳細は伏せますが、我が子は発達障害の小学生。

通院もしております。

それでも社会性を!と思い習い事も色々しております。

 

✔︎ 発達障害児の習い事

  • チャレンジパット
  • プログラミングスクール
  • 英会話
  • 絵画教室

 

本日は、家庭学習の「チャレンジタッチ」について紹介します。

 

 

みなさんはどの教材を使用しておりますか?チャレンジタッチはやってみてどうでしょうか?
 
 

発達障害の子どもの家庭学習の困りごと

発達障害の子どもの家庭学習の困りごとです。

✔︎ 発達障害児の家庭学習の困りごと
  • やる気がなさそう
  • ケアレスミスが多い
  • 文章問題が苦手
  • 話を聞くことが苦手
  • 集中力が続かない

 

私もこのような悩みを抱えておりました。

学習障害ではないです。知能指数は高いです。ただ学校の集団教育が苦手です。

そこで、このような子どもに合った学習環境を整えてあげることが大切だと知りました。

 

✔︎ 発達障害児の子どもに合った学習環境

  • 一人で勉強をさせる(親が教えない)
  • タブレット学習(見る、聞く、話す、読む、書く)

 

この学習環境を長く継続しております。

1年生の頃から開始して、そして続けてよかったと思っております。

特に、「発達障害支援サイト」があり、このサイトを見ながら親子で取り組んでおります。

進研ゼミ「発達障害支援サイト」はこちら

 

 

進研ゼミ「発達障害支援サイト」とは

 

発達障害の親子を支援するためのサイトを持っております。

  1. おすすめ記事
  2. チャレンジの使い方
  3. うちの子体験談

 

など、コンテンツがあります。

うちの子体験談を読むと、家庭学習のモチベーションが上がらずに、同じように悩んでいる方々の体験談があります。

自分の子供も、少しずつ乗り越えて成長して欲しいなあ、という気持ちも芽生えてきます。

 

 

進研ゼミ 小学講座:「チャレンジタッチ」

我が家が選択をした教材【進研ゼミ小学講座】です。

 
✔︎ 進研ゼミ小学講座を選択した理由
  1. 信頼の歴史
  2. 動画授業が分かりやすい、復習しやすい
  3. 子ども一人で理解できる仕組み
  4. 努力賞ポイントで商品交換
  5. 発達障害支援サイトがある
特に「発達障害支援サイトがある」ことはポイントでした。
その理由は「同じような悩みを抱えた子どもたちが使用している教材」と理解できたからです。
 
進研ゼミ小学講座の特徴です。

✔︎ 進研ゼミ小学講座の特徴
  • 小学生指導歴40年
  • 多くの合格実績
  • 1日15分のコンテンツ
  • 分かりやすい動画解説
  • 難題もある
特に小学生指導歴が40年ある点が特徴です。
多くの子供がつまづくところを把握しております。
つまづかないようにするコンテンツ作りをしていると実感します。
 
✔︎ チャレンジタッチのタブレット学習
  1. お手頃なタブレット学習の値段
  2. コンテンツが豊富
  3. 追加受講費用が発生しない
  4. 実力診断テストがある
  5. 赤ペン先生
  6. W解き直し(「間違えた直後」と「忘れたころ」
 

お手頃なタブレット学習の値段

 
タブレット学習の値段が他社よりもお手頃です。
  • 入会時:0円
  • 退会時:(6ヶ月未満)9,900円、(6ヶ月以上)0円

他の教材会社を検討している方は、この点を比較してみてはいかがでしょうか?

 

コンテンツが豊富

タブレットの中に豊富なコンテンツが入っております。

頑張って毎月コンテンツをこなしております。

✔︎ チャレンジタッチのコンテンツ

  • 実力診断テスト:国語、算数、理科、社会
  • 教科書準拠
  • 英語学習
  • プログラミング
  • 解き直し
 
追加料金なしで、「実力診断テスト」「英語」「プログラミング」のコンテンツを利用できます。
 
 

進研ゼミ 小学講座:「チャレンジタッチ」を続けて

 
我が子は、チャレンジタッチを1年、2年、3年以上続けているような気がします。
僕の感想です。

✔︎ チャレンジタッチの良かったところ
  1. 子供がいつも持ち歩いてくれる
  2. 努力賞ポイントの景品を目指して頑張る
  3. ゲーム感覚で、計算や漢字をマスター
  4. 毎日継続して勉強
 

子供が持ち歩いてくれること

車でお出かけをする時に、必ずチャレンジタッチを持っていきます。
タブレット端末ですので、車の中でも学習ができます。
大人がスキマ時間に学習をする感覚です。
 

努力賞ポイントで景品獲得を目指せる

毎月のコンテンツが完了すると「努力賞ポイント」が貰えます。
努力賞ポイントが貯まると、景品をゲットすることができます。
欲しい景品と、必要ポイントを目指して、テストもしっかり提出しております。
 
 

ゲーム感覚で漢字・計算マスター

漢字や計算練習のために、子供が喜ぶゲームのようなコンテンツが入っております。
勉強しているんだけど、ゲームをやっているようなコンテンツです。
テレビゲームをやらずに、こっちのゲームをやって計算をマスターすることができました。
 

毎日継続して学習

毎日少しずつ学習をしております。
アラーム設定機能があり、決まった時間に音楽がなります。
それに合わせて、1日で決められた学習量が終わってから好きな遊びをしております。
 
 

まとめ

発達障害の子どもを抱えており、「学習がどんどん遅れるのでは?」という心配がありました。

その穴埋めをしてくれた教材が「進研ゼミ 小学講座 チャレンジタッチ」

ウチの子供にとっては最高の教材となりました。
勉強は様々な角度で学ぶと良いと思います。

ある教材で理解できなったとしても、別の教材では理解できた、そのような経験は多々あると思います。
子供も同じですよね?
無料資料請求はこちらになります。≫≫≫≫進研ゼミ小学講座】
 

最新情報をチェックしよう!