自己紹介で「座右の銘」を聞かれた時の便利な「座右の銘」10選 人生系

自己紹介の時に「座右の銘は?」って聞かれる時ありますよね?たまーにあります。2年に1回くらい。

そもそも「座右の銘」とは何か?

「座右の銘」とは「常に自分の心に留めておいて、戒めや励ましとする言葉」です。

 

今、自分の「座右の銘」がない人は、ここから探してみてください。

そして「自己紹介て急に座右の銘は?」って聞かれてたら、ここから探してみてください。笑

 

「全ては心から始まる」 井深大

ソニー創業者の1人の井深大さんの名言

 

「自ら労して自ら食らうは、人生独立の本源なり」 福澤諭吉

慶應義塾の福澤諭吉さんより

 

 「青年に進めたいことは三語に尽きる。すなわち働け。もっと働け。あくまで働け。

ビスマルク

ビスマルクとはドイツ帝国初代創始者です。

他にもこんな名言があります。

 

 「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

ビスマルク

 

 「途方もなく大きなプライドを、とんでもなくケチな人間が持っている。

ヴィルテール

フランスの文学者、哲学者のヴォルテールさん。

心にぐさっと刺さる人もいるのでは?

 

 「権威を引いて論ずるものは才能にあらず」

レオナルド・ダヴィンチ

 

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!