デキるMRからデキるリーダーになるために:人格を磨く

デキるMRからデキるリーダーになるために:「人格向上」

 

MR
デキるMRにはなりたいけど、、、、

 

 

MR
営業成績は良いが、尊敬できない、やり方が汚いMRにはなりたくない

 

 

MR
営業成績は良いが「アイツにはついていきたくないな」

 

 

「営業成績が良いMR」=「尊敬デキるMR」とは限らないことも多いようです。

例えば、営業成績を上げるのにコンプライアンスも無視して何でもありのMR、信じられないかもしれませんが、まだまだ存在します。

 

どうやったら周囲の人間から「あの人についていきたい」と思ってもらうことができるのでしょうか?

 

人格を向上していく方法

 

本日のご紹介の前に簡単なセルフイントロデュースを。

 

 

いまは国内医薬品メーカーのマネージャーです。これまでの仕事のほとんどがMRです。

こちらがMRとしての担当経験。幅広い担当製品。多くの診療科を訪問しました。

●開業医・市中病院担当:3年
●地方の大学病院:5年
●東京の日本有数の私立大学病院 :4年
●東京の日本有数の国立大学病院:3年
私がこまめに記事を書いて発信している、「営業センスがなくて悩んでいるMRさん」に少しでも前向きになってもらいたいからです。
その理由は、僕も新入社員の頃、すごーく悩んでいたからです。
MR
インセンティブとはごと遠いへど、いつか取りたい、、、
MR
デキるMRになって見たい、、、、、
MR
上司に評価されて任されたい、、、、
新入社員の頃、いつもいつもこんなことを思っておりました。
新入社員の2年間はひたすら働きながらもがき苦しんでおりました。
自分のセンスのなさにガッカリして、いきなり成果を出していく同期と比べて自分が情けなくて、車の中で涙を流す日も。。。
しかしながら、そんな自分でもMR3年目から10年目まで全て計画達成することができました。
海外研修のインセンティブは3回。小さなインセンティブは数えきれないくらいゲットしました。
僕が悩んでいるMRさんに伝えたいことは、
毎日、コツコツと正しいやり方で努力を継続して行けば、絶対に成果をあげることができるというのが私の考えです。
本日は「人格を向上するために」について、情報を整理していきたいと思います。

デキるMRは素晴らしい人格者であるのか?

第二次世界大戦時のイギリス陸軍総司令官であるバーナード・モンゴメリーが、リーダーシップについてこのように述べております。
「リーダーシップとは、人びとを共通の目的のために結集させる能力と意志であり、人びとに自信を与える人格のことである」
リーダーシップとは?
様々な本で述べられておりますが、こちらは「人格」について述べられております。
これは個人的にすごく納得できるフレーズです。
これまでの営業成績が素晴らしくても、リーダーに相応しくない人格のマネージャーの元で働きたいと思いますか?
デキるMRは素晴らしい人格者であるのか?
営業所長は素晴らしい人格者であるのか?
営業部長は?
営業本部長は?
皆さんの組織に当てはめて考えて見てください。
例えば、判断基準は
「あの人についていきたいか?」
「あの人についていけば間違いないのか?」
こんな切り口でも良いでしょう。
このゴールデンウィーク、同業他社や他業界の人たちと「リモート飲み会」をしました。
そこで皆さんの話題といえば、「自分の会社での立ち位置」「上司との関係」そして「上司に対する愚痴」。。。
私自身は、会社での「自分の立ち位置」に対する不満を上司の責任にすることはナンセンスだと思っております。
自分が、そのようなリーダーにならなければ良い、そう思うんです。
しかしながら、ほとんどのビジネスマンって「自分の人格が、リーダーにふさわしくない」と思っていますか?
他人に指摘されるほど、自分の人格ってマネージャーにふさわしくないと思っていませんよ。
組織を率いるリーダーになって、「人格形成を向上していかないと」と気づく人も多いです。
自分の人格が「リーダーに相応しくない」と気がつかずに降格していく人も多いのではないでしょうか?
デキるMRであれば、組織を率いるリーダーに抜擢されるケースが多いでしょう。
汚い方法で営業成績を上げていったとしても、上司から気に入られれば組織を率いるリーダーに抜擢されることもあるでしょう。
ただ大切なことは、
「自分がどんなリーダーになりたいのか」
「あなたはリーダーとして相応しいのか」
ってことではないでしょうか?

人格を向上するメリット

もし日々、継続的に人格を向上することがでいれば、どのようなメリットがあるのでしょうか?
少し自分の経験から考えてみたいと思います。

同僚や家族と良い関係を築くことができる

自分の人格を向上することができれば、周囲の人と良い関係を構築することができます。
自分がリーダーとして相応しくない人格であれば、あなたのフォロワーは少なくなるでしょう。
この人には相談しにくいな、、、
この人のやり方・考え方はコンプライアンスの面でいかがなものなのか、、、
人の話を聞かない人だな、、、
などなど沢山あります。
多くの人と仕事をすればするほど、人格の向上が求められるのです。

人格は、日々の行動の積み重ねが表に出る

 

人格は、日々の行動の積み重ねが表に出てくる。

個人的にはそう思うのです。

 

例えば、あなたの周囲にこのようなMRさんを見かけた経験はありませんか?

・アピールが上手

・アクションの量も質もイマイチなのに、ごっつあんゴールで評価を求める

・成果の横取り

 

要するに実際のアクションはイマイチなのに口だけは達者なパターンです。

 

このような人が出世したとしても決して嫉妬をせずに「かわいそうな人」として見て上げましょう。

 

MRさんの人格は、日々の行動で形成されていくのです。

・困難な状況でも勇気を持って挑戦をしたのか

・問題を解決するために、様々な方法を試行錯誤しながら実際にトライしたのか

・周りの人の協力を得るために、日々の人間関係を構築していったのか

 

このように、今日という日をどのように生きていくかで、人格は形成されていくのではないでしょうか?

 

人格向上のためのトレーニング

 

 

人格を向上させるためのトレーニングを紹介します。

 

生活の振り返り

 

仕事の時は素晴らしい人格であるが、家庭となるとモラハラをする。

これは、素晴らしい人格者ではありませんね。

人格者の仮面を被っただけのシタタカな人間です。

 

そのため、家庭生活、友人との関係などにおいて、改善点や反省点を振り返ることが重要なんです。

「カッとなって理不尽なことで子供を叱ってしまったか?」

「奥さんとの喧嘩で、自分の非をきちんと認めることはできたのか?」

「友人との付き合いで、自分のわがままで迷惑をかけていないのか?」

などです。

 

毎日の生活の中で、改善点・反省点を見つけて記録しましょう。

そして、次はどのようにしたら改善できるのか考えていきましょう。

 

 

自分の性格の難を受け止め、受け入れる

 

人格を向上していくためには、自分の性格の難を知ることが大切です。

自分の弱点を知り、受け止め、受け入れて、治すべき点は改善していく。

 

そのために、自分の弱点を知ることから始めましょう。

 

仲の良い人や、横のつながりの同僚に、直接聞いて見ることも良いです。

上司に聞くことも良いと思います。

奥さんに聞くことも良いです。友人も。

 

私は、上司、同僚、部下、後輩、友人、奥さんなどに聞きました。

面白いことに、それぞれ違う立場の人からの意見であるにも関わらず、弱点には共通点があったりします。

 

その弱点をきちんと認めて受け入れて、改善するための具体的な方法を考えます。

それを手帳に書いたり、自分の部屋のいつでも目につくところに貼り出しております。

 

毎日のように意識しないと弱点を治すことって難しいことも分かります。

見えるところに貼らないと、意識が薄れていくので要注意です。

 

困難に立ち向かう

 

生活や仕事において、困難や課題にぶつかることがあると思います。

困難のレベルにもよりますが、困難や課題を解決しなくても、逃げてしまっても、何となく過ごすことができることも多いです。

 

そこで立ち向かって挑戦していく人と、逃げていく人。

人格は知らず知らず形成されていくのです。

 

生き死にに関わらない挑戦なのであれば、どんどんチャレンジしても良いでしょう。

 

 

まとめ

 

今回は「フォロワーを作るリーダーになるために」といったテーマでした。

そのようなリーダーになるために必要なことは「人格」です。

 

 

MR
デキるMRにはなりたいけど、、、、

 

 

MR
営業成績は良いが、尊敬できない、やり方が汚いMRにはなりたくない

 

 

MR
営業成績は良いが「アイツにはついていきたくないな」

 

こんな風に思われてしまうことがイヤであれば、日々、人格向上に努めていくことが大切でしょう。

最新情報をチェックしよう!