【資格ブログ】中小企業診断士の勉強、独学ではじめます

  • 2020年10月11日
  • 2020年10月11日
  • 自己啓発
  • 16View
  • 0件

【資格ブログ】中小企業診断士の勉強、独学はじめます

(広告)あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

(更新日:2020年10月10日)

中小企業診断士の勉強、独学で始めます。

 

 

 

中小企業診断士の勉強って独学で合格できるのでしょうか?

 

 

✔︎本記事の内容

  • 中小企業診断士の勉強を独学で始める宣言をします
  • 中小企業診断士の勉強は、マラソンです
  • 大切なこと「効率の良いインプット、過去問繰り返しのアウトプット」

 

 

そもそも中小企業診断士の勉強って独学で合格できるのでしょうか?

 

 

そもそも中小企業診断士の勉強って独学で合格できるものなの?
 

 

 

✔︎本記事の信頼性:僕のこと

Sota@nobisota

① 【製薬ブログ】元製薬メーカーのトップセールスの経験の情報発信
② 【投資ブログ】毎月の少額投資の運用状況の情報発信
③ 【育児ブログ】子育て関連の情報発信
【資格ブログ】英語や中小企業診断士の資格取得の情報発信予定
⑤ 【カフェブログ】オススメのお店の情報発信
⑥ 【ブログ】ブログ構築での疑問点の情報発信
 

 

✔︎2020年の中小企業診断士チャレンジの概要

  • 2020年4月上旬:中小企業診断士の資格を知る
  • 2020年4月下旬:中小企業診断士の申し込みをして、受験を決意する
  • 2020年4月下旬:「Studying」で独学を始める
  • 2020年5月:空き時間にひたすら勉強をする
  • 2020年6月:試験範囲の膨大さを痛感する
  • 2020年7月:受験

 

2020年は、まずはチャレンジをしてみました。

結論ですが、無謀なチャレンジでした。

一方で収穫もたくさんありました。

 

✔︎僕の中小企業診断士、無謀受験の結果

  • 企業経営理論:合格⭕️
  • 財務・会計:不合格 ⬇️⬇️(歯が立たず)
  • 運営管理:合格⭕️
  • 経営情報システム:合格⭕️
  • 経済学・経済政策:不合格 ⬇️(ちょっと届かず)
  • 経営法務:不合格 ⬇️⬇️⬇️(全く歯が立たず)
  • 中小企業経営・政策:不合格 ⬇️(ちょっと届かず)

 

振り返ってみると

スキマ時間の勉強で、1時試験の突破は難しいです。

なぜなら、インプットの量も膨大です。

だから、過去問も含めてアウトプットの量も膨大です。

 

7科目あるのでテンポよく勉強をする必要があります。

なぜなら、ゆっくり勉強している間に、以前勉強をした科目を忘れてしまうからです。

 

また、財務・会計や経営法務の勉強は、この領域の知識が少ない人にとっては時間を要することを実感しました。

2021年の試験もどうしようか悩んでおりましたが、チャレンジすることを決めました。

 

中小企業診断士の勉強はマラソンです

 

 

2021年、早い段階で学習に取り掛かろうと思います。

 

 

急に中小企業診断士の学習宣言をするなんて、どうしたの?

 

✔︎中小企業診断士、勉強を継続するために

  • 中小企業診断士の学習宣言:モチベーション維持
  • 学習状況の定期的な報告:学習期間は長期のマラソン、ブログやtwitterで情報収集・発信
  • 学習と合格プライオリティを高める:ブログ、仕事、英語、子育てで忙しいけれど

 

細かい学習スケジュールは立てません。

1分でも高速インプットやアウトプットが良いからです。

 

✔︎中小企業診断士、自分が考える合格戦略

  • 今から2次試験の過去問を解く練習をする:毎日30分
  • 財務・会計と経営法務には毎日触れる:歯が立たなかった科目:毎日1時間以上
  • 残りの科目は高速インプット・アウトプット:毎日1時間以上

 

2020年の3か月は、こんなペースで学習をマラソンをします。

 

大切なこと「効率の良いインプット、過去問繰り返しのアウトプット」

僕自身が1度受験をして感じたことは、高速インプットとテンポの良い過去練習です。

そして、足りない部分を大手資格学校の模試で補充していくことで、合格は十分できると思います。

 

 

高速インプットとアウトプットのために

 

僕自身が活用した通信講座「STUDYing」はおすすめだと思います。

短期間でも十分科目合格に達することができました。

 

 

 

 

①早めの2次試験対策

②アウトプット:過去問10年分は抑えたい

③インプット:効率を意識

 

僕自身が「STUDYing」の講座を利用して短期間て科目合格をすることができました。

僕が感じたメリットです。

 

✔︎中小企業診断士講座 「STUDYing」のメリット

  • インプットが効率が良い:マインドマップ・学習マップ
  • アウトプットの量:インプットの後に練習問題・過去問が用意されている
  • スキマ時間の活用:パソコン、スマートフォン、タブレットのアプリで学習
  • コストパフォーマンス:めちゃくちゃ良い

 

 

✔︎中小企業診断士講座 「STUDYing」のデメリット

  • インプット:インプットの量:(レポの「診断士ゼミナール」の方がインプットは多いようです)
  • アウトプット:過去問の量:(過去問2年分)+(インプットの後の選抜した過去問)
  • 試験問題予想:2020年の経営法務の実際の試験は、予想が難しかったようです

 

そのため僕自身は、

今年も「STUDYing」にお世話になることにしました。

「STUDYing」を中心に、この戦略で2021年の合格をしていきます。

 

✔︎中小企業診断士、自分が考える合格戦略

  1. 今から2次試験の過去問を解く
  2. 財務・会計と経営法務には毎日触れる
  3. 残りの科目は高速インプット・アウトプット
  4. 情報収集:twitter・コミュニティ・雑誌・大手資格学校

 

完全フリーランスで生涯生きてくために、ベーシックな知識のノウハウを中小企業診断士の学習で抑えていきます。

 

 

最新情報をチェックしよう!