【2021年版】今から始める米国株配当生活!高配当株の複利効果

【2021年版】今から始める米国株配当生活!高配当株の複利効果とは

(更新日:2021年5月15日)

 

 

本屋に立ち寄れば、米高株投資の本が増えてきておりますね。

米国株の魅力とは、上昇し続けている市場と高配当にあると思います。

 

 

 

米国株で投資するためには、どのようなポートフォリオがおすすめなの?

 

本記事では、米国株で高配当生活をするためのポートフォリオについて考えて行きたいと思います。

 

✔︎ 本日の内容(米国株の始め方・買い方)

  1. 米国株投資の高配当とは
  2. 米国株の高配当生活に向けたセクター分散とは
  3. 米国株の連続増配当企業とは
  4. 米国部のポートフォリオ

 

 

✔︎ 本記事の信頼性:僕のこと

私は、現在下記のテーマについて情報発信しております。

実際に米国株投資を小なっている身分です。

Sota@nobisota

 

 

米国株の特徴については、こちらも参照ください。
Sot@Blog for FIRE

目次 1 【初心者必見】米国株投資の始め方を徹底解説【本気で目指すFIRE生活】2 米国株の特徴とは?2.1 米国株投資…

米国株投資による高配当とは

 

 

 

 

 

米国株投資による高配当ってどういう意味ですか?
米国株には、配当金の割合が高く、配当回数が多い傾向があります。そのためインカムゲインが得やすい銘柄が揃っております。

✔︎ 米国株のポイント

  • 米国企業は株主還元を重視
  • 配当維持傾向高い
  • 配当利回りが高い
  • 配当回数が多い

 

米国株企業の指標は下記の3つでメインです。

  • ニューヨークダウ
  • ナスダック
  • S&P500

米国市場が継続的に伸び続けており魅力的な市場であることがわかります。

 

Sot@Blog for FIRE

目次 1 米国株(アメリカ株)を始めるための基礎知識2 米国株の株式市場2.1 ニューヨーク証券取引所(NYSE)2.2…

 

米国株は長期投資が基本

米国株は長期投資が基本です。

米国は日本に比べても高配当な株が多く、日本でも有名な消費財メーカーであるP&Gのように60年連続増配当をしている企業も存在しているように、株主への還元が魅力的です。

なぜならば、アメリカの投資家はインカムゲイン(配当収入)を重視する傾向にあります。

そのため企業は「株主還元」を重視しているのです。

株主還元の方法として、年4回の配当をしている企業があることがアメリカ企業への投資の魅力です。

 

 

✔︎ 米国株のポイント

銘柄増配年数利回り
MOアルトリア・グループ516.84
TAT&T366.45
XOMエクソン・モービル385.73
UVVユニバーサル505.15
CVXシェブロン344.9
WEYSウェイコ・グループ394.49
EDコンソリデーテッド・エジソン473.93
PBCTピープルズ・ユナイテッド・ファイナンシャル293.77
MCYマーキュリー・ゼネラル343.75
NWNノースウェスト・ナチュラルガス653.51
CTBIコミュニティー・トラスト・バンコープ403.43
WBAウォルグリーン・ブーツアライアンス453.42
NFGナショナル・フュエル・ガス503.4
KMBキンバリー・クラーク493.4
ORIオールド・リパブリック・インターナショナル403.35
BKHブラック・ヒルズ503.34
UBSIユナイテッド・バンクシュアーズ453.31
BENフランクリン・リソーシズ413.24
KOコカ・コーラ593.07
UGIユージーアイ333
LEGレゲット・アンド・プラット492.98
PEPペプシコ482.93
NCナッコ・インダストリー・クラスA352.93
MMMスリーエム632.9

 

このように、連続増配当かつ高配当の企業が多く存在することが米国市場の魅力ではないでしょうか。

これ以外にも、P&Gやジョンソン・アンド・ジョンソンなど高配当な企業が多数あるのです。

 

 

 

高配当の最大限活用:積立・分散・長期

 

高配当である米国株の魅力を最大限に引き出すためには、以下の投資の原則に沿って運用をすることがまずはオススメ。

  1. 積立
  2. 分散
  3. 長期

 

 

ロボアド投資で有名なウェルスナビも、積立・分散・長期を基本として、米国株メインのポートフォリオを組んでおります。

 

Sot@Blog for FIRE

目次 1 【2年間運用実績】WealthNavi(ウェルスナビ)の口コミ評判は?実績と利回りをブログで公表2 ロボアド投…

 

複利の魅力とはどれくらいなのでしょうか?

単利と複利の比較をしてみます。

 

✔︎ 100万円を利回り5%で運用した場合

年数
単利複利
(万円)(万円)
1105105
2110110.25
3115115.7625
4120121.550625
5125127.628156
6130134.009564
7135140.710042
8140147.745544
9145155.132822
10150162.889463
11155171.033936
12160179.585633
13165188.564914
14170197.99316
15175207.892818
16180218.287459
17185229.201832
18190240.661923
19195252.69502
20200265.329771

 

このように単利と複利の違いだけでも20年で65万円も差が出るのです。

 

では毎月5万円程度、5%の利回りの高配当株を20年購入し続けると、どれくらい増えるのでしょうか?

暴落しないことが前提ですが、、、、

 

  • 毎月積立額:50,000円
  • 積立年数:20年間
  • リターン:5%
  • 元本:1200万円
  • 運用収益:855万円
  • 最終積立金額:2055万円

 

 

このように、複利の効果を20年続けていくと800万円以上の収益が複利効果によって得られるのです。

このような高配当が米国株の魅力ではないでしょうか?

 

 

 

米国株投資の銘柄:セクター分散

米国株投資を長期的に続けていくためには、セクター分散の心掛けが大切です。

 

米国株投資のポートフォリオを組み方でポイントは?セクター分散ってなに?
米国株の長期投資のポートフォリオを組むためには、セクター分散がポイントです。

 

✔︎ セクター

業種
エネルギー(エクソン・モービル、シェブロン、キンダーモルガン)
情報技術(マイクロソフト、アップル、インテル、VISA)
一般消費財(ホームデポ、マクドナルド、アマゾン)
コミュニケーション・サービス(アルファベット、AT&T)
金融(JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ)
資本財・サービス(スリーエム、ボーイング)
素材(ダウ、デュポン)
不動産(サイモン・プロパティグループ)
生活必需品(プロクター・アンド・ギャンブル、コカコーラ、コストコ)
公益事業(デューク、サザン)
ヘルスケア(ファイザー、ジョンソン・アンド・ジョンソン)

 

このようにポートフォリオを組む際には、セクター分散をすることがリスクマネジメントになります

 

まとめ

 

✔︎ 本日の内容(米国株の始め方・買い方)

  1. 米国株投資の高配当とは
  2. 米国株の高配当生活に向けたセクター分散とは
  3. 米国株の連続増配当企業とは
  4. 米国部のポートフォリオ

 

米国株はなんといっても高配当が魅力です。

こちらが米国株を始めるための徹底ガイドです。

 

Sot@Blog for FIRE

目次 1 【初心者必見】米国株投資の始め方を徹底解説【本気で目指すFIRE生活】2 米国株の特徴とは?2.1 米国株投資…

 

 

証券会社の口座を開く方法はこちらです。

 

Sot@Blog for FIRE

目次 1 【2021年】米国株投資の始め方【簡単3ステップ】2 米国株の特徴とは?3 STEP①:証券会社の口座開設4 …

 

米国株投資は、経済的独立とアーリーリタイアを目指すには、一つの手段です。

まずはチャレンジ!

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

 

 

米国株投資の儲け方と発想法 No.1ストラテジストが教える 

 

 

今こそチャンス! 資産を増やす米国株投資入門 

最新情報をチェックしよう!