【2020年9月】ウェルスナビのレビュー【実績公開】

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

【2020年9月】ウェルスナビのレビュー【実績公開】

(更新日:2020年9月6日)

 

 

 

こんにちは。投資初心者のSot@です。

 

 

 

TARO
ロボアド投資の「ウェルスナビ」。気になる。
「実際の儲けは?メリット・デメリットは?口コミは?実際どうなんだろう、、、?」

 

 

今回は、このような投資初心者の方の疑問にお答えします。

 

 

① ウェルスナビはおすすめ(実績公開)

② ウェルスナビのメリット・デメリット(経験から)

③ ウェルスナビを始める手順

 
 
僕は約1年半前からウェルスナビで毎月1万円ずつ積立投資をしております。
僕の経験からウェルスナビの実績を公開して、自分が感じたメリット・デメリットを紹介します。
 
これからウェルスナビを始めたいって方は、じっくりご覧ください。
 

① ウェルスナビはおすすめ(実績公開)

 
 
結論ですが、ウェルスナビは初心者にとっては本当にオススメです。
 
 

1年半の運用実績を公開します。

 
 
2020年9月6日現時点の実績を公開します。
 
 
 
 

≫運用実績(2020年9月8日)

  • 積立総額:290,000円
  • 資産評価額:318,313円(+28,313円:9.76%)

 

 

≫(参照)運用実績(2020年8月8日)

  • 積立総額:280,000円
  • 資産評価額:305,952円(+25,952円:9.27%)

 

 

ウェルスナビのスタートは最低10万円からです。毎月の積立設定は1万円からです。
僕は、お小遣いの範囲で運用しているので、投資の設定はこんな感じに設定。
 
≫初期設定
  • 初期投資:100,000円
  • 積立:10,000円/月
  • 目標金額:¥3,000,000
  • 運用期間:2039年2月
  • 達成確率: 77%

 

 

僕は、ウェルスナビが許してくれる一番少ないお金で運用しております。

それでもコロナショックを乗り越えて、利回り9%を超えているので、儲けの面でもおすすめです。

 

過去の運用実績(2020年1月14日)

 

現在だけ紹介しても、おすすめ感が伝わらないと思うので。

過去の運用実績も公表します。

 

 

  • 積立総額:210,000円
  • 資産評価額:231,712円(+21,712円:10.34%)
 
 

過去の運用実績(2019年12月)

 

 

  • 積立総額:200,000円
  • 資産評価額:219,556円(+19,556円:9.78%)

 

 
 

過去の運用実績(2019年10月)

 

  • 積立総額:180,000円
  • 資産評価額:189,225円(+9,225円:5.13%)

 

 

過去の運用実績(2019年4月)

 

  • 積立総額:120,000円
  • 資産評価額:126,821円(+6,821円:5.68%)
 

 

 

 

 

ウェルスナビのメリット・デメリット

 

ウェルスナビのメリット・デメリットです。

投資初心者としての目線です。

 

 

✔︎メリット
  1. 初心者でも、申し込みがカンタン。
  2. 初心者でも、初期設定がカンタン。
  3. いつでもやめることができる
  4. ロボアド投資の最大手。

 

 

✔︎デメリット

  1. 世界経済が落ち込んだ時は損をする可能性
  2. 手数料が高いらしい。
  3. 最低10万円からスタート(THEOは1万円から)
 

≫「今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」」はこちら

メリット① 初心者でも申し込みがカンタン

 

初心者でも申し込みがスーパーカンタンです。

僕も投資初心者で、「楽天証券」「SBI証券」など手続きをしました。

ウェルスナビの申し込みはスーパーカンタンです。最後に手順で解説します。

 

 

メリット② 初心者でも初期設定がカンタン

 

初心者でも初期設定がスーパーカンタンです。

積立投資は商品を選ぶのに迷ってしまいます。その商品選びがないので、スーパーカンタンです。

後ほど手順で紹介します。

 

 

メリット③ いつでもやめることができる

 

サラリーマンで家庭があると、ある日突然お金が必要になったりします。

困った時は、お金を引き出したいです。

ウェルスナビは、積立投資のように引き出すことができます。

 

 

メリット④ ロボアド投資最大手

 

ロボアド投資には「THEO」「楽ラップ」などがあります。

最大手は、「ウェルスナビ」です。

テレビCMも放映しております。

今はzoomを使って無料セミナーにも参加することができます。

 

ウェルスナビのメリット

 

デメリット① 世界経済が落ち込んだ時は損をする可能性

 

コロナショックの直後など、一時的に損失が発生しました。

その時の一時的な損失額は、25万円ぐらいの投資に対して損失が2万円くらいでした。

損失は一時的でした。

運用の法則であります「長期・分散・積立」を守っていればリスクは軽減できました。

 

 

デメリット② 手数料が高いらしい

 
手数料は1%です。

 
この手数料のデメリットを感じることがないので、この手数料がどれだけデメリットになるのか正直分からないです。
利回り9%を達成しているので、1%を差し引いても良いのではないかと、素人の計算をしてしまいます。
 
 

デメリット③  最低10万円からスタート

 

他社との比較です。ウェルスナビは最低10万円からスタートです。

競合のTHEOは1万円からスタートできます。

 

最初に10万円を捻出できない人にとっては、スタートしにくいかもしれません。

ただ最初に10万円くらい運用しないと、効果を感じることも遅いように感じます。

(毎月3000円の積立投資をしている経験談)

 

 

③ ウェルスナビを始める手順

 

✔︎手順

  1. 無料診断:1分
  2. 申し込み:3分
  3. 資産運用開始:最短2営業日後

 

めちゃくちゃシンプル。

 

ステップ① 無料診断

 

 

その前、数分でできる無料診断です。

≫「今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」」はこちら

 

ここの無料診断から運用プランを選択できます。早いと1分くらい。

 

 

 

ステップ② 申し込み

 

身分証明書とマイナンバーカードを用意。

初心者が決断することは、「リスク許容度」

5段階のリスクの許容度です。

 

 

僕が設定したリスク許容度3のパターンです。

  • 70%の確率で250万円が336万円以上(86万円)
  • 50%の確率で250万円が408万円以上(158万円)
  • 30%の確率で250万円が501万円以上(251万円)

 

ステップ③:運用開始(ポートフォリオは自動化)

 

あとは2営業日程度待って、運用開始を待ちます。

ウェルスナビの強みは、最適ポートフォリオをロボアドバイザーが設定してくれる点です。

 

最新のポートフォリオですと、米国株、日欧株、米国債券へ運用額の割合が高いです。
そのため、コロナショックの時に一時下がりましたが、リスクも分散しておりますし、「長期」「積立」「分散」を心がけていくことが大切、とのことです。
 

 
 

おまけステップ④:無料セミナー参加

 
初心者向け、経験者向けの無料のセミナーを実施しております。
コロナ前は、東京のターミナル駅などで開催されており参加できませんでした。
withコロナ時代になり、無料ウェブセミナーが開催されております。
これにより、ほとんどの方がセミナーに参加できるようになったと思います。
アフターフォローですね。
 
 

 

自分の未来を変える:「貯める vs 運用する」30年後の違いは?

 

ウェルスナビのコンセプト:世界に投資をする

 

貯金よりも、運用をすることが、30年後の資産に差がつくことがあります。

複利の効果です。

貯金も運用も努力はゼロです。

この差は、運用しているかどうかの差ですね。

 

 

 

あとは入金して、お金を放置していくだけです。

まずは30年後をイメージしてみましょう。



 
最新情報をチェックしよう!