【製薬ブログ】転職の面接:「何か質問は?」逆質問について

【製薬ブログ】転職の面接:「何か質問は?」逆質問について

 

 

 

MR
転職の面接の予定があります。「何か質問ありますか?」って何を聞けば良いの?
 

 

転職の面接の質問と回答についてです。

僕自身が経験したこと、転職の面接を受けた時にプロの方に教わったことです。

転職の面接で最後に「何か質問はありますか?」と必ず聞かれます。

この場面を最大限に生かす方法を紹介します。

 

 

✔︎本日の内容

① 転職の質問
② 転職の逆質問「何か質問は?」と聞かれたら

 

 

✔︎本記事の信頼性:僕のこと

Sota@nobisota

 

 

私は、現在下記のテーマについて情報発信しております。

① 【製薬ブログ】元製薬メーカーのトップセールスの経験の情報発信
② 【投資ブログ】毎月の少額投資の運用状況の情報発信
③ 【育児ブログ】子育て関連の情報発信
④ 【資格ブログ】英語や中小企業診断士の資格取得の情報発信予定
⑤ 【カフェブログ】オススメのお店の情報発信
⑥ 【ブログ】ブログ構築での疑問点の情報発信
 

僕のMR経験・転職経験・転職の面接経験です。

 

✔︎ 僕のMR経験・転職経験・面接経験です。

  • 東京開業医(約2年:大手国内メーカー)
  • 地方の大学病院(約3年:大手国内メーカー)
  • 東京の有名大学病院(約3年:大手国内メーカー)→転職内定2社
  • 東京の国立大学病院(約2年:大手外資メーカー)→転職内定2社

 

 

転職の質問

転職の質問については、前回ご紹介いたしました。

こちらをご確認ください。

 

Sot@ Blog

目次 1 製薬ブログ】転職の面接で質問されたこと2 こんな時代でもMRの転職の機会ってあるの?3 MRの転職の面接で質問…

 

面接の準備の際に抑えておくポイントは、

  • 「自分を知ること」。
  • 自分を伝える「具体的なエピソード」。
  • 「その行動を取った理由」
  • 「困難を乗り越えたノウハウ」

を伝えると、相手に伝わりやすいと思います。

 

自分をしっかり伝えるからこそ、転職後のミスマッチを防ぐことができると思います。

 

 

 

転職の逆質問「何か質問は」と言われたら?

 

 

 

MR
製薬会社の転職の面接の最後に「何か質問は?」と質問されたら、どう答えますか?

 

製薬会社の転職の面接では、最後に「何か質問は?」と必ず質問をされます。

この時間はすごく大切な時間だと、私は思っております。

何故ならば、「その会社で働くモード」を伝えることができるからです。

 

 

MR
その会社で働く気持ちが強ければ、その会社のことが気になりますよね?
 
 

 

MR
入社してからの毎日をどれだけイメージできておりますか?
 
 
入社してからの毎日をどれだけイメージできておりますか?
入社することだけに頭がいっぱい?
入社してからミスマッチは起きない?
 
このミスマッチを防ぐために、僕は逆質問をします。
数えきれないくらい、質問があるはずです。
 

 

✔︎逆質問のポイント

  • 入社後の自分をイメージできているか?自問自答する
  • 入社後のルーチンワークをイメージできているか?自問自答する。
  • 入社後、スタートダッシュで働く自分をイメージできているか?自問自答する

 

ポイントは、「入社後の自分をイメージするための質問」だと思います。

 

給料や手当の質問はしない方が良い。

 

給料や手当の質問は、内定を貰ってからが良いと思ってます。

プロの方にも確認をしてみてください。

 

✔︎逆質問の例文

 

 

MR
この事業部のMR業務の1番の課題は?

 

MR
この事業部のMRさんは、課題に対して現在どのような取り組みをしているのでしょうか?
 

 

MR
この事業部のMRさんは、どんなルーチンワークをしているの?
 

 

 

MR
この事業部のMRさんは、チーム内でどのようなコミュニケーションをしているの?
 
 

 

MR
この事業部のMRさんは、チームミーティングの頻度は?
 

 

自分が、その会社の、そのチームに所属することをイメージできるようにするために質問をすると良いと思います。

入社後のミスマッチを防ぐことができます。

そして相手に「本気で入社したいんだな」と伝えることもできます。

 

✔︎逆質問の内容(例)

① 自分が所属する事業部の目標
② 自分が所属する事業部の課題
③ 自分が所属するMR業務の取り組み
④ 自分が所属するMR業務のルーチンワーク
⑤ 自分が所属するチームのコミュニケーションの内容や頻度

 

このような質問を投げかけて、入社後の自分を想像しております。

 

 

最後に「言い残したこと・伝えたいことありますか?」

 

逆質問をしたことで、入社後の自分を想像することができるようになりました。

そこで、

 

MR
最後に伝え忘れたことはありますか?
 
 

と。「最後に言い残したこと・伝え忘れたこと」などについて質問されます。

そこは念押しの自己PRです。熱い気持ちを伝えましょう。

 

✔︎最後の念押しの例文

本日はお時間をいただきまして有難うございます。
私は、この仕事に本気で挑戦したいです。
お伝えしたように、〇〇といった貢献は出来ます。
ぜひ一緒に〇〇のような社会を実現していきたいです。
引き続きよろしくお願いいたします。

 

簡潔に

ハキハキと

言い切る

これがポイント。

 

面接を控えている方は、こちらで一度の強みを整理することをオススメします。

 

最新情報をチェックしよう!