【製薬ブログ】転職の面接で質問されたこと

製薬ブログ】転職の面接で質問されたこと

 

 

 

MR
製薬会社も早期退職プログラム・リストラが増えてきました。

 

 

 

MR
転職の意識も高まりました。転職の機会も増えました。

 

 

 

MR
MRの転職の面接では、どのようなことが質問されるのでしょうか?

 

 

製薬会社もリストラ時代の真っ只中です。

転職サイトや転職エージェントに申し込みをする機会が増えました。

MRの転職の面接では、どのようなことが質問されるのでしょうか?

 

 

✔︎本日の内容

  1. こんな時代でもMRの転職の機会ってあるの?
  2. MRの転職の面接で質問されることは?
  3. 転職エージェントの登録って大切

この3つの内容で疑問にお答えいたします。

 

 

こんな時代でもMRの転職の機会ってあるの?

 

 

 

 

MR
こんな時代でもMRの転職の機会ってあるんですか?大リストラ時代だから、求人を募集してる会社もないのでは?

 

今は大リストラ時代。求人はあるの?

結論ですが、求人はあります。

 

外資系メーカーは求人はあります。

あなた自身が、その求人にマッチしているキャリアであれば、声がかかるでしょう。

その求人にマッチしていなければ、オファーはないかもしれません。

 

最近でも募集していた外資系メーカは多いです。

  • ヤンセンファーマ
  • アストラゼネカ
  • サノフィ
  • アッヴィ 
  • アムジェン
  • セルジーン
  • バイオジェン
  • UCBなど

 

外資系メーカーのMR募集の求人はあるのです。

 

 

MR
求人は見たことあるけど、面接したことはないんだよなあ。

 

これまでの人生で、転職の面接を受けたことがない。

一度面接を受けてみることをオススメします。

何故ならば、

  1. 応募しないと、「会いたい」と思われているワカラナイ
  2. 面接を受けてみないと、内定を貰えるかワカラナイ
  3. 内定を取るためには、面接慣れが必要

 

MRの転職の面接で質問されることは?

 

ではMRの面接の転職では、どのようなことが質問されるのでしょうか?

面接対策はもちろんのことながら、製薬業界が求める人材も把握することができます。

こちらは私自身が転職の面接で聞かれた質問です。

 

 

✔︎MRの転職で質問されること

  • 自己PR・自己紹介
  • 志望動機・転職理由
  • 自身の強み・弱み
  • これまでの成功事例
  • これまでの失敗事例
  • これまで最も苦労したこと
  • この会社に貢献できること、その理由や経験
  • 主力製品〇〇をどのように売り込むのか?(ロールプレイング)

 

転職の面接で聞かれるポイントです。

最低でも抑えるべきポイントかなと思います。

どのような回答をしたら良いのか?は、転職会社のプロの方に聞くことをオススメします。

参考程度に自分の回答の仕方をご紹介しますが、責任は取れません。理想の回答はプロの方に聞いてください。

自己PR・自己紹介

まず最初に自己PRと自己紹介をお願いします。と言われることが多いです。

私の経験では、簡潔に「これまでの経歴、経験した中でのPRポイント」こちらをお伝えしました。

話が長くならない程度、です。

簡潔に答えるために、内容やPRポイントを自信を持って伝える練習はしておくと良いです。

 

 

志望動機・転職理由

志望動機・転職理由です。

私の経験では、「その会社に入りたい」理由を伝えました。

新卒入社の面接でも同様ですが、「その会社ならではの、本当に魅了された理由」を伝えました。

「オンコロジーに強いから」、「製品力があるから」といった回答はしなかったです。

 

自身の強み・弱み

 

自身の強み・弱みを伝えるために、整理をしておくと良いでしょう。

意外なことに「自分の強み・弱み」がイマイチ分からないって人もいます。

その人へのオススメは「ストレングス・ファインダー2.0」って本をオススメしします。

 

 

客観的に自分の強み・弱みを把握することができます。納得感がある回答です。

その回答に納得をした自分のエピソードを掘り起こしておくと良いです。

 

これまでの成功事例

これまでの成功事例については、質問されることが多いです。

成功事例は、様々なパターンで整理しておくと良いです。

  1. 営業成績の成功例、成功したポイント
  2. KOL活動での成功例、成功したポイント
  3. チームみんなで成功したこと、自分が働きかけた役割

 

これまで最も苦労したこと

 

これまで最も苦労したこと、それをどう乗り越えたのか、は聞かれます。

  1. どんな現状であったのか?
  2. どんな課題と仮説を立てたのか?
  3. どんなプロセスで実行したのか?
  4. どんな結果で乗り越えることができたのか?

 

自分の経験と言葉で、具体的に語りました。

しっかり仕事をされているならば、あとは整理をするだけだと思います。

 

この会社に貢献できること、その理由

 

「あなたが入社をしたら、会社に、チームにどのような貢献ができますか?」

新卒の面接でも質問されます。抑えておくべきポイントです。

 

主力製品〇〇をどのように売り込むのか?

入社してからのことをイメージできているかどうか、事前に調べているかどうかです。

主力品の強み・弱み、競合の事、自分だったらどう宣伝をするのか?

正解は求められていないと思います。

その考えを持っているかどうか、が大切なポイントだと思います。

転職エージェントの登録って大切

 

結局のところ、

  • 求人があるのか
  • その求人は自分にマッチしているのか
  • 面接ではどんな質問があるのか

 

など、転職エージェントなどに登録しておくと全てがスムースです。

 

転職エージェントと面談をして、希望を伝え、客観的に評価をしてもらうことをオススメします。

私自身も、MR時代は転職エージェントに登録しておりました。
 
✔︎MRさんの登録が多いエージェント
  1. リクナビエージェント:全業界の大手エージェント
  2.  JACリクルートメント(Samurai Job):外資系医薬品メーカーに強いエージェント
  3. クイック:医薬品ニュースAnswresで有名

 

 
特に、Samurai Jobを提供している「JACリクルートメント」、外資系メーカーに強いです。
新規参入メーカーなどがあれば狙い目かもしれません。

 

 

エージェントとのコミュニケーションは無料ですし、しつこい転職のススメもないので、登録だけでもしたほうが良いです。

✔︎登録は数分

  1. リンククリック
  2. 入力内容:「基本情報」「学歴」「職歴」
  3. JACリクルートメントからの情報提供を待つ

これだけのかんたんなステップ。無料。ノーリスク。

早期退職の波は今後もどんどん訪れるでしょう。

 


 

最新情報をチェックしよう!